SEO対策とは

SEO対策のSEOとは何でしょうか?
SEOとはSearch Engine Optimizationの事です。
日本語にすると「検索エンジン最適化」です。
「検索エンジンの検索結果順位を決めるランキングアルゴリズムに最も当て嵌まるよう、WebページつまりURLのファイルを記述すること及び その技術」がSEOです。
そのSEOの結果として検索エンジンの検索結果で、対策したURLが上位表示されますので、SEOの結果に注目すると「SEO=検索上位表示」という等式が成り立ちます。

よって、SEOとは検索上位表示の事を指します。
では、SEO対策とは何でしょうか?
SEO対策とは「検索上位表示」を実現する為に講ずる様々な謀(はかりごと)の事です。

もう少しSEOについて具体的に話します。
SEOとは検索エンジンの検索結果画面の自然検索枠の上位に、上位表示させたいURLへのリンクを掲載する為の手法・技術の事です。
今、自然検索枠という言葉を使いましたが、検索エンジンの検索結果画面はメインとなる「自然検索枠」とページの右側や上部と下部に表示される 「広告枠」の二つの枠で構成されています。
SEOは「自然検索枠」部分で検索上位表示を達成する為の技術です。

「広告枠」にURLのリンクを掲載するには、各検索エンジンの広告サービスに対して「お金」を払えばURLのリンクが掲載されます。
「自然検索枠」の上位にURLのリンクを掲載したい場合は、「お金」では無く「被リンク」が必要です。
被リンクは別名バックリンクともいいますが、この「バックリンク」が自然検索枠での上位表示で必要となります。

結局のところ、「バックリンク」も「お金」で集められますので、「自然検索枠」も「広告枠」も最終的には「お金」がモノを言います。
しかし、「自然検索枠」ではビッグマネーが動く激戦区の検索キーワードを避けて、ニッチなキーワードでSEO対策を行うのであれば、資金力の 無い個人であっても努力次第で検索上位表示は可能です。

ビッグマネーが動く激戦区のキーワードに関しては、「個人のSEO」では上位表示は不可能です。
なぜなら、ビッグマネーが動く激戦区のキーワードでは、「資金力」と「組織のSEO」を駆使する参戦者(戦略家)が上位表示を狙ってくるから です。
「一個人の力」など、「組織の力」の前では無力です。

真に力のあるSEO対策人は、この「個人のSEO」と「組織のSEO」を使い分けます。
組織のSEOでなかれば検索上位表示出来ない戦場と、個人のSEOでも検索上位表示が可能な戦場を見極める事ができるのが、真に力のある SEO対策人(戦略家)です。
ちなみに、組織のSEOを駆使するには相応の資金力が必要となります。
資金無くして組織は動かせません。

「組織のSEO」を駆使せねば、勝てない戦場に「個人のSEO」で戦いを挑む者を「馬鹿」といいますが、馬鹿では激戦区の戦場では勝ち残れま せん。
激戦区の戦場に飛び込んだ馬鹿は戦死するだけです。
ちなみに「馬鹿」とは「分別のつかない者」の事です。
競争相手との間に歴然とした力の差があるのに、その分別すらつかない者のことです。

SEO対策の世界では、「組織の力」つまり「数の力」の真の価値を知り、「数の力」を使いこなせる者(戦略家)が勝者となります。
もっと正確にいうと、「戦略家」が「勝者」になるのです。
「戦略家」=「勝者」です。
検索エンジン市場を制したいなら、「組織のSEO」の力を使うことです。
これが今後も変わることの無い、SEOの兵法です。


[トンケン経営研究所]
スローガン,SEO対策SEMサービス
高品質・中長期・強勢