ブログ SEO対策

ブログを検索エンジン(Google・Yahoo)で上位表示させる上では「ブログの更新」と「外部被リンクの獲得」と「需要あるキーワード選定」などが重要です。

検索エンジン(グーグル・ヤフー)は最新情報を重視します。
最新情報とは、実際にその方面・分野で「最新」といえる情報の事です。
この「最新であるかどうか?」を判断する為に検索エンジン(Google・Yahoo)はブログが定期的に更新されているかを見ています。

ブログが更新(アップデート=最新版・最新化)されていれば「最新」情報である可能性が高いと検索エンジン(グーグル・ヤフー)は考えます。
そこで更新しているブログには得点を付与し、更新されていないブログよりも優遇します。

しかし、ブログの更新だけで「最新」を判断はしません。
世の中には更新を必要とし無い「不変の法則」や「成功哲学」などがあります。
「不変の法則」や「成功哲学」は常に通用する為、一切手を加えずとも常に「最新」だと言えます。
そういった「不変の法則」や「成功哲学」をコンテンツとして提供するページは、ページを「更新」しようがありません。
ですので、検索エンジン(Google・Yahoo)は更新だけで「最新」とは判断しません。

検索エンジン(グーグル・ヤフー)は「最新」で且つ「コンテンツの質が高い」ならば外部サイトから継続して新規のリンクが貼られるはずだ と考えます。
実際に「最新」で「質の高いコンテンツを有する」ページには様々な外部サイトから継続して新規の被リンクが集まります。

このような形で検索エンジン(Google・Yahoo)は「最新」を「継続して貼られる新規の被リンク」や「更新」などから判断しております。
検索エンジン(グーグル・ヤフー)は「最新」を重視する為、ブログを更新する事はブログSEO対策として非常に有効です。

あとはブログSEO対策でも被リンクが重要です。
様々な外部サイトから被リンクが貼られるブログは、多く人から支持を得ていると検索エンジン(Google・Yahoo)は考えますので、獲得した被リンクに応じて得点をブログに付与します。

もう一つブログのSEO対策で重要なのがキーワード選定です。
キーワード選定では「需要あるキーワードを各サブページ」の対策キーワードとして配置する事が重要です。
ブログで大量の記事を量産しても、それらの記事に含まれるキーワードに対する検索需要がゼロならば、数千ページ量産しても検索エンジン(グーグル・ヤフー)経由のアクセスも「ゼロ」になります。

ブログのSEO集客で重要なのは、量産したページ数ではありません。
ページを量産しても検索需要の無いキーワードで記事を書いていては検索エンジン(Google・Yahoo)からの集客は見込めません。
「検索需要あるキーワード」で記事を量産する事がブログのSEO集客では大事なのです。
その「検索需要あるキーワード」を盛った記事ページに対してSEO対策を施す事で、ブログを訪れる検索エンジン(グーグル・ヤフー)経由のユーザーを増やせるのです。

キーワード選定を誤れば検索エンジン(Google・Yahoo)経由のブログ集客は失敗します。
ブログSEO対策においてキーワード選定は入口ですが、この入口で躓いてしまうとその後の外部被リンク対策がどれほど強力でも十分な集客効果は得られません。


[トンケン経営研究所]
スローガン,SEO対策SEMサービス
高品質・中長期・強勢