Google SEO対策

Google SEO対策で重要なのは「対策URLごとの評価」です。
ドメイン単位の評価やドメイン下のサイト単位の評価では無く、サイト内のURL単位の評価が非常に上位表示で重要になります。

新規URLはいうまでも無く、評価がありません。
評価の高いサイトやドメイン内の新規URLならばそれなりの評価は得られますが、所詮はソレナリ程度です。
毎月検索需要が一定数発生する「ベッドのキーワード」で不動の1位表示を維持できるほどの評価は新規URLに与えられません。
新規URLの評価を上げるには、新規URLそのものへの十分な数と質の「外部被リンク」が必要になります。

過去にYahooジャパンで採用されていたYST(Yahoo Search Technology=アメリカのYahoo! Inc.が独自開発)においては、ドメインの評価さえ高ければ其のドメイン下の新規URLであっても短時間で狙った「ヘッドのキーワード」で上位表示が可 能でした。
しかし、Google検索ではそうはいきません。
YSTでは短期で新規のURLであっても順位を上げられましたが、その同じURLはGoogle検索では当時も今もYSTほどには順位が上がりません。

理由は新規URLがGoogle検索下では、YSTほどドメインの評価を引き継げないからです。
対策URLの上位表示において重要なのは、YSTでは「ドメインの年齢」や「ドメインの評価」でしたが、Google検索では「対策URL自体の被リンク」です。
Google検索においては、「ドメインの年齢」や「対策URLの年齢」よりも「対策URL自体の外部被リンクの質と数」が重要になります。
言葉を換えるならば、Google検索では「ドメイン単位」では無く、「URL単位」での評価が必要になるという事です。

その辺を加味したSEO戦略やSEO戦術を練る事が対策URLの「上位表示」および「上位表示の維持」で重要になってきます。
特に「ヘッドのキーワード」での「1位表示」および「1位表示の維持」においては「対策URL自体の外部被リンクの質と量」が非常に重要になります。

その辺を考慮したGoogle検索向けのSEO対策を打って行くのが「トンちゃんのSEOサービス」でございます。
ドメイン自体、サイト自体の評価も高い方がより容易に上位表示させられるのは事実ですが、それ以上に意識したいのが各対策URL自体の評価です。

YSTはドメインの評価が高ければ、そのドメイン下の新規URLは最小の労力で上位表示させる事が可能でしたが、Google検索はそれを許しません。
ドメインの評価が高くとも新規URLの評価が低ければ上位表示はさせません。
この事実は難易度の低いキーワードでは分かり辛いかもしれませんが、難易度の高いキーワードでは顕著に表われます。


[トンケン経営研究所]
スローガン,SEO対策SEMサービス
高品質・中長期・強勢