上位表示

検索エンジンの検索結果ページで上位表示させる方法は二つあります。
一つは、検索結果ページの広告枠に広告を出稿する事です。

YahooやGoogleの検索結果ページに広告を出すには、「Yahooプロモーション広告」か「Google Adwords」に申し込めば有料で出稿可能です。
ご自分でやるのが面倒な場合は、弊所(トンケン経営研究所)のような「広告代理店」に依頼してインターネット上での広告運用を全部任せてしまうの も一つの方法です。

検索結果ページの広告枠に関しては、お金を出しさえすれば検索上位に貴社(貴方)のWebサイトへのリンク(広告文)が表示されるようになります。
其の広告リンクがクリックされた数に応じて広告費を払って行く仕組みなので、費用対効果は測り易いでしょう。

もう一つの上位表示方法は、検索結果ページの自然枠(オーガニック枠)にSEOを駆使して貴Webサイトを上位表示させるやり方があります。
上位表示させる方法はこの「SEO」か「広告」のどちらかになります。

ちなみにSEOというのは「Search Engine Optimization」の略語です。
そのまま訳せば「検索エンジン最適化」となります。

Web上には膨大な数のWebページ(URL)群がありますので、何らかの方法でソレラのWebページ群に評価付けを行って検索結果に評価の高い 順に並べる必要があります。
その評価付け部分を担うのが「検索エンジン」の「アルゴリズム」でございます。

この検索アルゴリズムが「インターネット上のWebページ群をどのように評価しているのか?」を分析して、検索アルゴリズムに自社のWebページ (URL)が高く評価されるように最適化させて行く作業が「検索エンジン最適化」(SEO)であります。
このSEOを確り行うと、自然枠で貴Webページ(貴URL)が上位表示されるようになります。

このSEOで上位表示させる場合も、広告と同様でしてコスト(費用)はかかります。
SEOは「内部施策」と「外部施策」で構成されておりますが、特に外部施策(被リンク対策)でコストがかなり掛かります。

自社で被リンク対策を行う事も出来なくはないですが、その場合は貴社の社員を毎月1名から数名ほどSEO作業(被リンク対策作業)に張り付ける形 になります。
ですので、膨大な人件費(費用)がSEOで発生する形となります。

SEOに関してはセルフ(自分・自社)でやるよりもSEOを専門にしているSEO業者や被リンク業者に依頼した方が利があります。
SEOの腕が確かなだけで無く、毎月のSEO費用も遥かに低く抑える事が出来ます。

弊所(トンケン経営研究所 SEO事業部)のように2000年代からSEOを専業で行い腕を磨いているSEO業者(SEOのプロ)と一般の方々(企業や個人)では、まず第一にSEO の技術(質)に大きな差があります。
また、SEO業者の場合は同じ作業をより少ないコスト(原価)で行う事もできるため、毎月かかるSEOコスト(SEO費用)で一般の方々と大きな 差がつきます。

質(SEOの技術)とコスト(掛かる費用)の両面でSEO業者は一般の方々を大きく上回るのです。
SEOの上位表示競争では、SEOの技術差(質の差,腕の差)が確実に順位に反映されます。

ですので、可能な限り腕の良い者に任せて頂いた方が良いです。
加えてより少ないコスト(費用)で上位表示できれば、浮いたお金を他に回せるようになります。

それによって、貴社(貴方)の競争力は更に高まります。


[トンケン経営研究所]
スローガン,SEO対策SEMサービス
高品質・中長期・強勢