ホームページ SEO対策

ホームページのSEO対策で重要なものに「ホームページの更新」と「外部被リンクの獲得」があります。

ホームページは通常更新をしません。
更新(アップデート=最新化・最新版)するのは通常はブログです。
検索エンジンは基本的に最新情報を重視する為、「更新」を行わないホームページはSEOでは不利だと言えそうです。
しかし、検索エンジン(Yahoo・Google)は実際には「最新情報であるかどうか?」(情報の鮮度)をホームページの更新だけで判断する事はありません。

最新かどうかの判断に外部サイトから貼られる被リンクを見ております。
検索エンジン(ヤフー・グーグル)は最新で且つ質が高い情報(コンテンツ)であれば、外部サイトから継続して新規の被リンクが貼られると考えております。
ホームページを更新せずとも、そのホームページ内の情報がWeb上に存在する情報の中でも最先端を行くものであれば、そのホームページの情報は「最新」であると言えます。
「最新」で且つ「情報の質」が高ければ、通常は第三者から支持票が飛んできます。
それが外部サイトからの被リンクです。

検索エンジン(ヤフー・グーグル)はホームページが最新かどうかの判断を、「ホームページの更新(アップデート=最新化・最新版)」だけで無く、「継続して新規の被リンクが外部サイトから飛んできているか?」で判断しております。
検索エンジン(Yahoo・Google)が上位表示させたいのは、「その方面・分野の最新」で且つ「情報の質・コンテンツの質」が高いホームページです。

ですので、ホームページのSEO対策として、「ホームページの更新」(アップデート=最新化・最新版)と「継続的な新規の外部被リンク獲得」が非常に有効なのです。
ホームページ内のコンテンツ(情報)の鮮度を保つ事自体は、お客様自身でなければ出来ない場合が多いと思いますが、「継続して新規の外部被リンクを獲得する」事はお客様自身がやらなくても良い部分です。
この「継続して外部サイトから新規の被リンクを獲得代行して行く」事をサービス化したものが、弊所メインSEOサービスの「検索上位表示豚」です。

「検索上位表示豚」というのはサービス名です。
検索エンジン(Yahoo・Google)のアルゴリズムが更新(アップデート=最新化・最新版)されると、アルゴリズムの変化に対応する形でこの「検索上位表示豚」も更新(アップデート=最新化・最新版)しております。
検索エンジン(ヤフー・グーグル)のマイナーアップデート(小さめの更新)は検索順位への影響が小さい為、検索上位表示豚のアップデート(最新化)は必要ありませんが、メジャーアップデート(大きい更新)の場合は違います。
検索アルゴリズムのメジャーアップデートが行われると検索順位が大きく変わってしまう為、検索上位表示豚もそれに対応する形でアップデート(最新化)させております。
つまり、SEO手法を変えるという事です。

毎月、検索上位表示豚は検索アルゴリズムに対応する形でマイナーアップデートを行いSEOサービスの「鮮度」(最新さ)を保つようにしております。
ちなみに、検索上位表示豚で大きくSEO手法を変えるのは最近ですと1年に1回から2回程度です。
検索エンジン(Yahoo・Google)によるメジャーアップデートが最近は年に1,2回程度な為、検索上位表示豚のメジャーアップデートも1,2回程度になっております。


[トンケン経営研究所]
スローガン,SEO対策SEMサービス
高品質・中長期・強勢