SEO対策 激安

SEO対策分野では激安レベルのサービスには危険なものが非常に多いです。
サービスを利用しても全くSEO効果が無く順位が上がらないものや、一時的に順位が上がってもしばらくすると検索圏外行きになってしまうサービス、最初は 良かったものの少し時間が経つとペナルティを科せられてしまうサービス等、激安レベルになるとそういったものが非常に多くなります。

激安でSEO対策サービスを提供する以上は、顧客サイト(顧客URL)に対するSEOコンサルティングや被リンク対策の原価(コスト)も削れるだけ削って価格を安く抑える形となります。
必要なSEO対策原価(コスト)まで削ってしまえば検索アルゴリズムに対応出来無くなりますので、順位が上がらなくなったり、直ぐに検索圏外行きになったり、ペナルティを科せられる事が多くなるのも、当然の事となります。

激安ながら、なんとか今現在の検索アルゴリズムには対応できる程度の価格帯に留めている場合は、「今は」は順位が上がりますし検索圏外行きにもペナルティを科せられる事もありません。
しかしながら、少し時間が経過し検索アルゴリズムが変化(進化)してしまうと、もうそこで対応できなくなります。

激安価格のSEO対策サービスの大半は、低価格第一主義で「サービス設計に全く余裕が無い」ため、少し現状の検索アルゴリズムが変化してしまうと対応出来無くなります。
SEO対策料金を「激安」レベルに抑えたいというサービス利用者方の気持ちは分かりますが、SEOに関しては「激安」にはそれなりの「危険」も伴ってきます。

ですので、よくその辺りまで考えて頂いた上で激安サービスの利用を検討して頂けたらと思います。
本音をいえば、激安SEO対策サービスに関してはあまり検討しない方が良いです^^;。

「あのサービスを利用しなければよかった・・・」と後悔する方が、激安SEO対策サービス利用者には多く存在しますので、貴社(貴方)はそうならないように注意して頂けたらと思います。
激安サービス利用で科せられたペナルティの中には半永久的に続くペナルティもございます。

そういったペナルティを受けてしまうと、新しいドメインを取得してビジネスサイトをもう一度最初から作り直したりしなければならなくなります。
SEO対策サービス利用時の料金は激安に抑える事ができても、半永久的ペナルティが発動すれば、後でビジネスサイトの再構築コスト・SEO対策のやり直しコスト等、膨大な費用が発生します。

ですので、SEO対策サービス利用においては極端な激安志向(超低価格志向)などはなさらないようにして頂く事をおすすめ致します。
SEO分野において、「激安」(超低価格)とは主に10,000円未満の4桁(9,999円以下)のサービスをを指しますが、この価格帯になるとSEOコンサルティングや被リンク対策に十分なコストを回す事が難しくなります。

物理的に(料金面から)激安相応のサービスしか提供できなくなります。
それを覚悟の上でご利用して頂けたらと思います。

貴方(貴社)が可能な限り「危険」(リスク)は避けたいというのであれば、激安ではなく低価格帯(10,000円~数万円)のSEO対策サービスを利用する事をおすすめ致します。
この低価格帯のサービスであれば、SEOコンサルティングや被リンク対策で必要になるコスト(原価)は確保できるようになるため、それなりの品質のサービスを提供できるようになります。

巷のペナルティの大半は「被リンク対策」が原因で発動します。
被リンク対策に十分なコストが配分されていないためにペナルティが発動しているのです。

被リンク対策で必要になるコストを確保できていれば、致命的なペナルティの大半を回避できるようになります。
また、更に対策コストに「たっぷり余裕」をもたせた場合は、殆どのペナルティを回避する事も可能となります。

いずれにせよ、激安(超低価格)レベルのSEO対策サービスでは、対策コスト(原価)に余裕を持たせる事はできませんので、危険はセットで付いて来る形となります。
SEO分野では「安かろう悪かろう」は成り立ちます。

ですので、激安志向の方も少なくとも毎月1万円以上は出費して頂く事をおすすめします。
そうして頂いた方が「後で安くつき」ます。

弊所(トンケン経営研究所 SEO事業部)は2000年代から長年SEO業を営んでいる関係で、価格を見ただけで「どの程度のSEO対策を施せるか」が分かります。
SEO費用が幾ら以下になると「危険(リスク)が急激に高まるか」も知っております。

その目安となるお値段が4桁(9,999円以下)です。
3桁(999円以下)の激安サービスは勿論の事、4桁のサービスも相当危険度(リスク)が高まりますので、注意して頂けたらと思います。

SEO分野では「激安」というのはあまり「売り」(売り文句)にはなりません。
「激安=リスクの高いサービス」が成り立ちますので売りにはならないのです。

おすすめは、「激安」より一つランクが上の「低価格」帯の5桁(10,000円~数万円)のSEO対策サービスです。
1万円以上になってくるとリスクが下がって来て低リスクになってきます。

逆に1万円未満で価格が下がれば下がるほどリスクは上がって行き高リスク(ハイリスク)になります。
さきほども申し上げましたが、「激安SEO対策=ハイリスク」は成り立ちますので、十分にご注意ください。

安過ぎるのは(激安は)駄目なのです。
ほど良い安さ(低価格)なら大丈夫ですが。


[トンケン経営研究所]
スローガン,SEO対策SEMサービス
高品質・中長期・強勢