SEO対策中に社会問題化したキーワードでのサービス継続利用は御断り

【契約の自動更新の例外規定】
検索上位表示豚サービスは、月末までに翌月分のSEO料金の入金があれば、契約は自動更新されますが、1点例外がございます。
対策中のキーワードが社会問題化した場合です。

SEO対策(内部対策+被リンク対策)依頼時点では問題のなかったキーワードでも、依頼後に「社会問題」にまで発展するキーワードが極稀にございます。
具体的には「クレジットカード現金化」「合法ハーブ」等です。

これらのキーワードに関しては、社会問題化後も依頼を受けて続けますと、サーバー会社(ブログ会社・HP会社)側の判断で新規生産する衛星サイト(被リンク設置サイト)が削除されるリスクに晒されるため、契約の自動更新をお断りする事がございます。
将来「社会問題化」しそうなキーワードに関しては依頼時点でお断りするようにしておりますが、極稀に依頼時点のチェック網を通過してしまうキーワードがございます。

その場合には、「例外」ではありますが「契約の自動更新のお断り」を適用させて頂く事がございます。
予めご了承ください。

この「契約の自動更新のお断り」の目的は「新規生産する衛星サイト(被リンク設置サイト)群が削除される事を回避する」事にあります。
衛星サイト群が削除されてしまうと、御客様方の被リンクが失われSEOスコア(順位)が落ちてしまいます。
そうなると多くのお客様方が経済的損失を被るため、それを回避する「例外規定」が必要になります。

また、弊所も経済的損失を被ります。
弊所の生産する1個1個の衛星サイトは低コストでは無く非常に「コスト」が掛かっております。(高コスト)
大きなコスト(高コスト)をかけて1個1個の衛星サイトに生産しているため、削除されてしまうと弊所も大変な経済的損失を被ります。

以上の理由により、依頼時点の事前のチェック網を通過したキーワードであっても、後に「社会問題化」したキーワードに関しては、「契約の自動更新のお断り」を適用させて頂く事がございます。
あくまで「例外」ではありますが稀に発生する事があるため、このように「契約」に「例外規定」として盛り込ませて頂いている次第です。

== 以上 ==
[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]
SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

【SEO対策SEMサービスのご案内】
弊SEOサービスにお申込み頂く場合は、「最新版のSEOサービス・料金表」で確認の上、ご依頼頂けたらと思います。
最新版はこちらです ⇒ http://seo.tonken.biz/service/fee
※「最新版SEOサービス・料金表」は常に「最新状態」を保つよう努めております。

The following two tabs change content below.

トンケン経営研究所(Tonken Institute of Management)