競争激化で上位表示に要する期間長くなる。年々厳しさ増すSEO競争

>弊所サイトの場合、どの程度での期間経過により、SEO効果が確認できるようになるのでしょうか?

SEO効果自体は既に出て来てもおかしくはありません。
既にかなりの「量」の高質リンクを放っておりますので、ロングテール経由でアクセスが入ってもおかしくはありません。

ロングテールでのアクセスも増えていないのであれば、それだけ競争相手が存在するという事かと思います。
あとは、「サイト」や「URL」や「被リンク」等の「エイジングフィルター」も関係していると思います。

「SEO効果」では無く、狙ったキーワードで「上位表示されるまでの期間」としては、通常は半年から1年程度です。
競争が極めて激しいキーワードなら1年半は最低でも掛かります。

年々、SEOの競争は激しくなっているため、4年か5年前のGoogleで1年1か月(13か月)程度で上位表示できたキーワードであっても、今であれば1年6か月(18か月)くらいはかかるのではないかと思います。
ちなみ、供給している被リンクの「質」は、当時よりも現在の方が「遥かに上」です。

特に「ROS被リンク」は過去とは比べものにならないくらい「質」を引上げております。
質を大幅に引き上げた上であっても、上位表示までに要する期間は、昔よりも長くなっております。

それだけSEO分野の競争が激化した(厳しさを増した)という事です。

== 以上 ==
[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]
SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

【SEO対策SEMサービスのご案内】
弊SEOサービスにお申込み頂く場合は、「最新版のSEOサービス・料金表」で確認の上、ご依頼頂けたらと思います。
最新版はこちらです ⇒ http://seo.tonken.biz/service/fee
※「最新版SEOサービス・料金表」は常に「最新状態」を保つよう努めております。

The following two tabs change content below.

トンケン経営研究所(Tonken Institute of Management)