被リンク対策とリスクはセット。末端URL群でSEO集客しリスク限定

>トップページ対策の最優先は「AABB」かと考えています。

トップページURLを被リンク対策の対象に加えるか否かは「よく考えて」頂いた方が良いです。
貴サイトを今後も長く使って行くのであれば、貴サイト内の「末端URL群」(サブページURL群)に対策キーワード群を割当てた方が良いです。

被リンク対策には大なり小なりリスクも伴います。
「順位を上げる事を目的」に設置して行く被リンクの「質」がどれほど高かろうと、「順位上げ目的」の「被リンク」である点に変わりはありません。

よって、僅かであれ「リスク」は「被リンク対策」に「セット」で付いて来る形となります。

弊所の「被リンクの質」は「高い」ため、このリスクが現実化する可能性はきわめて低いですが、それでもリスクゼロにはなりません。
被リンク対策に関して覚えておいて頂きたいのは、被リンク対策の対象に加えたURL群は全て例外なく其れが僅かなリスクであれ「リスク」に「晒され」ます。

リスクが現実化して其の対策URLがマイナス評価を食らったり、ペナルティを食らう事があっても、それが貴サイト内の「末端URL」であるならば、その末端URLを削除すればそれで問題は解決します。
末端URLであれば、リンクが現実化しても問題解決は容易です。

しかし、リスクに晒されているのが貴サイト内の「中央URL」(トップページURL)であった場合は、大変です。
リスクが現実化した際に「削除」という「手段」がとれなくなります。

トップページURLというのはサイトの「幹」にあたりますので、「幹」を切ってしまえば(削除してしまえば)、そのサイトは死んでしまい(消滅し)ます。
それを避けるには、被リンク対策の対象にトップページURLを加えないようにする必要があります。

被リンク対策を施す対象URLを貴サイト内の「末端URL群」に限定してしまえば、万が一、リスクが現実化しても、該当の末端URLを切ればそれで問題は解決となります。
損失は削除した「末端URL」に限定される形となります。

末端URLというのは、「木の葉」や「木の枝」に相当しますので、切っても少し痛い程度で損失が拡大する事はありません。
しかし、中央URL(木の幹)は違います。

木の幹がペナルティやマイナス評価を受けると、内部リンクを伝ってサイト内の全URLに「マイナス効果」が波及して行きます。
その結果、「損失」は「拡大」します。

ゆえに、木の幹はなるべくリスクに晒さない方が良いのであります。
一方、末端URL群が順調に(無事に)ターゲットキーワード群で「不動の1位表示」や「安定上位表示」を達成した場合は、莫大な「利益」を貴社に齎します。

リスクを低減・限定して発生し得る損失を小さく抑えつつ、リターンが大きくなるように「SEO対策」を「設計」しますと、上述のような「提案」となります。
弊所のSEOサービスは「守り」(防御)に重点をおいております。

その関係で、このような「リスク」の「発見,識別,評価,管理」に重きを置いた「提案」となります。
弊所の提案に沿ってSEO対策を施した場合は、貴サイトにおいても、かなり手堅いSEO集客が展開できるものと思います。

== 以上 ==
[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]
SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

【SEO対策SEMサービスのご案内】
弊SEOサービスにお申込み頂く場合は、「最新版のSEOサービス・料金表」で確認の上、ご依頼頂けたらと思います。
最新版はこちらです ⇒ http://seo.tonken.biz/service/fee
※「最新版SEOサービス・料金表」は常に「最新状態」を保つよう努めております。

The following two tabs change content below.

トンケン経営研究所(Tonken Institute of Management)