Googleアルゴリズムの特徴。特徴に沿ったコンテンツと被リンクは効く

【Googleアルゴリズム】
コンテンツ優先・被リンク劣後
※コンテンツに基づいて被リンクを劣後的に評価して行くアルゴリズム

Google(Yahoo)は「コンテンツ優先・被リンク劣後」を軸としたアルゴリズムですので、「コンテンツの出来」が非常に重要になります。
コンテンツに基づいて劣後的に被リンクを評価して行きますので、コンテンツの出来が悪い場合は、そこでアウトになります。

Googleアルゴリズムは、「コンテンツ評価+被リンク評価」では無く、「コンテンツ評価×被リンク評価」に近い形で対策URL群を評価して行きます。
コンテンツがターゲットキーワードに沿って作成されている場合は、ターゲットキーワードでのコンテンツ評価は非常に高いものとなります。

被リンク群に関しては対策URLのコンテンツに整合した被リンク(コンテンツ内容に沿った被リンク)のみを高く評価し、其れ以外の被リンク群は殆ど評価しません。
よって、被リンクのアンカーテキストにだけ「キーワードが記述」されていても「殆ど意味が無い」のであります。

キーワードで最適化されていない「コンテンツ」(URL)に向けて、キーワード入りのアンカーテキストを大量に供給して行ってもあまりGoogleでは評価されません。
「コンテンツ」内容に沿った「被リンク」群ではありませんので被リンク効果は限定的となります。

全く効かないわけでは無いですが被リンク効果はかなり落ちてしまいます。
「コンテンツ」が「キーワード」で最適化されている場合に、このURLにコンテンツ内容に沿った被リンクを供給して行く事で、被リンク群はしっかり評価されます。

コンテンツ内容に沿った被リンク(整合のとれた被リンク)を供給して行った場合、アンカーテキストには「キーワード」が自然と含まれる形になります。
それのアンカーテキスト被リンクは「自然」ですので、効いてしまう次第です。

コンテンツがターゲットキーワードに沿ってまとまっていない場合は、ターゲットキーワードでのコンテンツ評価がかなり低いものとなります。
そこにコンテンツ内容に沿った「自然な被リンク」を供給して行っても、ターゲットキーワードでは大した順位アップに繋がりません。

== 以上 ==
[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]
SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

【SEO対策SEMサービスのご案内】
弊SEOサービスにお申込み頂く場合は、「最新版のSEOサービス・料金表」で確認の上、ご依頼頂けたらと思います。
最新版はこちらです ⇒ http://seo.tonken.biz/service/fee
※「最新版SEOサービス・料金表」は常に「最新状態」を保つよう努めております。

The following two tabs change content below.

トンケン経営研究所(Tonken Institute of Management)