SEO対策の実力。そろそろ「SEO兵器」レベルに達しつつある弊サービス群

>そちらのブログ等を閲覧させていただいて気になってメールさせて頂きました、失礼ですが実力のほど如何でしょうか?

「実力があるか?」という問いに正直に答えるなら、「有る」と答える事になります。
「力」(ちから,検索結果を支配する力)が有るからこそ、弊SEO事業部は2000年代からSEO集客のみで生き残っているのであります。

客観的な評価で申し上げますと、2014年現在も御客様方に指定頂いたキーワード群で「不動の上位表示」(10位内表示)や「不動の1位表示」を大量に達成しているSEO業者という事になります。
「不動の1位表示」や「不動の上位表示」を達成しているという事は、視点を変えれば「他のSEO業者」や「他の被リンク業者」方は対弊所とのSEO競争(SEO戦争)で「勝てていない」という事になります。

逆に弊所は彼らとのSEO競争において「勝ち続けている」という事になります。
申し上げるまでも無いかもしれませんが、「不動の上位表示」や「不動の1位表示」は「実力が無ければ達成できません」。

いずれにせよ、最終的な実力判断は貴社ご自身で弊SEOサービス群を利用して頂き、「結果」で判断して頂くより他ありません。
なお、メインSEOサービスの「検索上位表示豚」や、其れをベースとした「検索上位表示豚」シリーズは、サービス内容・品質はそのまま一定では無く、常に強化しております。

2000年代から強化し続けている関係で、年々、各サービスの「実力」の方も上がっております。
一つ、例を挙げさせて頂きます。

「2012年の検索上位表示豚」と「2014年の検索上位表示豚」は「同じサービス名」(同じ豚)です。
しかし、この両サービスの中身(品質等)は、全く異なります。

同じなのは「サービス名」のみで、「別物」(別豚)であります。
年式が異なる両サービスでは、被リンク対策の「質」やSEOコンサルティングの「質」等が全く違います。

2000年代から「絶えず強化」している関係で、SEOサービス群に関しては、そろそろ「SEO兵器」と呼んでも差し支えないレベルに到達しつつあります。
よって、それなりの「結果」は出るものと思います。

この「SEO兵器」という言葉はつい最近、弊所の口(頭の中)から自然に出て来るようになった言葉です。
弊SEOサービス群に対して、そういうレベル(水準)の「手応え」を、「弊所自身」が感じとっているため、自然とそのような言葉が出て来た次第です。

よって、お申込み頂くタイミングとして今現在は、貴社において「悪く無いタイミング」になると思います。
といいますか、「絶好のタイミング」となるかもしれません。

こちらは貴サイトにSEO対策を施す(貴SEO戦場で戦う)準備が出来ておりますので、お申込み依頼があれば対応させて頂きます。
弊所が確り成果を上げた「結果」、末永いお付き合いとなれば幸いです。

宜しくお願い致します。

== 以上 ==
[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]
SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

【SEO対策SEMサービスのご案内】
弊SEOサービスにお申込み頂く場合は、「最新版のSEOサービス・料金表」で確認の上、ご依頼頂けたらと思います。
最新版はこちらです ⇒ http://seo.tonken.biz/service/fee
※「最新版SEOサービス・料金表」は常に「最新状態」を保つよう努めております。

The following two tabs change content below.

トンケン経営研究所(Tonken Institute of Management)