毎月の被リンク対策効果の最大化に必要な「規模の最適化」という視点

>「○○」「○○ 都道府県」「○○ 相談」などのキーワードで上位表示をしたいと思っています。
短期的というよりは中期的なSEO対策を考えているのですが、御社のサービスでどのような対策がいいかご提案頂けますでしょうか。

ご利用頂くサービスとしては、メインSEOサービス群(『検索上位表示豚』シリーズ)が良いです。
どのサービスを選んで頂いても、「被リンクの質」や「被リンクの量」(毎月の新規衛星サイト生産量)は同じですので、「対策したいキーワードの数」でサービスを選択して頂くと良いです。

2キーワードで順位を上げれば十分なら検索上位表示豚Lite(12,000円)が良いです。
15キーワード以上で順位を上げる事をお望みなら「SEOスケールメリット豚」(月々30,000円)が良いです。

特にSEOスケールメリット豚は被リンク対策の規模(スケール)が大きくなる関係で、同時に対策して行く対策URL群から内部リンクを伝って貴サイト内の他のURL群に流れ込んで行くリンクジュース量も多くなります。
このリンクジュース量「増加」の影響で、対策URL群の順位が更に上がり易くなったり、直接被リンク対策を施していない貴サイト内のURL群も「リンクジュース効果」で順位上がって来るなど、様々な副次的効果も期待できるようになります。

対策URLが2URLや4URL程度で被リンク対策の規模が小さい場合は副次的効果はあまり生まれませんが、同時に対策して行くURLの数が15URL以上になると副次的効果もかなり大きくなります。
被リンク対策には「最適な規模」というものがございます。

対策URLを対策キーワードで順位を上げて行く「主効果」と上記の「副効果」の両方が大きくなる規模(対策枠)で被リンク対策を展開して頂くと、大きなSEO効果が得られるようになります。
その「規模最適化」(規模の最適化)の観点からサービスを設計したのが「SEOスケールメリット豚」です。

「検索上位表示豚」(13,000円)は主効果のみ狙っておりますが、「SEOスケールメリット豚」(30,000円)は「主効果+副効果」の両方を狙って被リンク対策の「規模を最適化」させております。
よって、副効果(副次的効果)が乗る分だけ更に強力になります。

ちなみに被リンク対策で大きな効果が期待できる規模(毎月の対策規模)は1サイトあたり「30,000円~60,000円」くらいです。
SEOスケールメリット豚は「+3800円ごとに2URL・2キーワードずつ追加可能」となりますので、この規模効果(副次的効果)をより大きくして行く事も可能です。

>短期的というよりは中期的なSEO対策を考えているのですが、

短期というのはSEOの世界では「数か月~1年前後」くらいの事をいいます。
中期は「1年前後~数年」くらいを指します。

狙うキーワードによっては、「短期」で上位表示や1位表示できるものもございます。
「キーワード+都道府県名」あたりであれば、狙う県名によっては短期で上位表示や1位表示されるものも出て来るかと思います。

「任意売却」に関しては、現在の順位次第ですが、ゼロから出発する場合は「中期」でみて頂く必要がございます。
中期で観ておけば、「不動の上位表示」や「不動の1位表示」も達成可能となります。

== 以上 ==
[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]
SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

【SEO対策SEMサービスのご案内】
弊SEOサービスにお申込み頂く場合は、「最新版のSEOサービス・料金表」で確認の上、ご依頼頂けたらと思います。
最新版はこちらです ⇒ http://seo.tonken.biz/service/fee
※「最新版SEOサービス・料金表」は常に「最新状態」を保つよう努めております。

The following two tabs change content below.

トンケン経営研究所(Tonken Institute of Management)