SEO目的URLとコンバージョン目的URLの違い。SEO集客UPと受注UPの両立

地域別URL群は貴サイトで新規受注(コンバージョン)する際には「全く必要無いURL」ではありますが、SEO集客用としては役立ちます。
ターゲット訪問者をコンバージョンに至らせる迄に必要なURL群は「コンバージョン目的URL」と定義した場合、コンバージョン目的URLとしては地域別URL群は全く不要なURLです。

しかし、SEO集客を増やすための「SEO目的URL」としては役立ちます。
今すぐに、こういった事をやらなくとも結構ですが、このような考えを発想としてお持ち頂くと、「コンバージョン数アップ」「SEO集客数アップ」の両方を実現し易くなるのではないかと存じます。

「コンバージョン目的URL」がそのまま「SEO目的URL」としても使える場合は、コンバージョン目的URLに被リンク対策を施し上位表示させれば良いのですが、SEO集客用に向かない場合は新たにSEO目的URLをご用意頂く事をおすすめ致します。
弊所「提案」に沿った方向でSEMを展開して頂くと、「右肩上がりでのコンバージョン数アップ」と「右肩上がりでのSEO集客数アップ」の両立・実現も現実味を帯びてくるのではないかと思います。

宜しくお願い致します。

※コンバージョン目的URL:訪問者をコンバージョンに至らせる上で必要になるURL群(例:よくある質問URL、料金URL、サービスの流れURL、お問合せ・申込みフォームURL等)
※SEO目的URL:検索エンジン経由の集客を増やす上で必要になるURL群(例:ターゲットキーワードで初めから終りまで確りまとまった情報充実コンテンツを持つURL)

== 以上 ==
[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]
SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

【SEO対策SEMサービスのご案内】
弊SEOサービスにお申込み頂く場合は、「最新版のSEOサービス・料金表」で確認の上、ご依頼頂けたらと思います。
最新版はこちらです ⇒ http://seo.tonken.biz/service/fee
※「最新版SEOサービス・料金表」は常に「最新状態」を保つよう努めております。

The following two tabs change content below.

トンケン経営研究所(Tonken Institute of Management)