「被リンクのあて」を確保するのが先。SEO集客用コンテンツ作成は後

今後新たにSEO目的URLを新規で用意する場合は「被リンクのあて」を先に確保されてから実際のコンテンツ作成に入って頂いた方が良いと思います。
そういったやり方であれば、無駄が出ません。

新規でページを作成するのであれば、「被リンクのあて」(被リンク供給枠)を確保してから実際にコンテンツを作成して頂くと無駄撃ちが減り貴社の企業体力消耗を防げます。
商用キーワードとなるとコンテンツ作成だけではSEOスコア100(※上位表示に必要な所要SEOスコア)に到達せず、被リンク供給無しでは上位表示は困難となります。

どうあっても被リンク供給が必要になりますので、コンテンツを作成する前の段階で先に「被リンクのあて」(被リンク供給枠)を確保する必要がございます。
これがSEOの現実ですので、無理をして貴サイト内でどんどんSEO目的のコンテンツを増やす必要はございません。

「被リンクのあて」がある場合のみコンテンツを新規作成し被リンク対策を施し、その新コンテンツURLがSEOスコア100に達して上位表示されたら、空いた被リンク枠でまた新規コンテンツを作成し被リンク対策を施して行く形で、徐々にSEOスコアが100に到達するURLを貴サイト内に増やして行けば、右肩上がりで検索エンジン経由の集客数増加を「無理なく」実現できると思います。
また、被リンク対策を施したものの、あまりにも調子の悪いURLに関しては新規URLに差替えて頂くと良いです。

調子の悪いURLも寝かせて置くうちに調子を取り戻し現場復帰できる状態に戻るケースが多くございます。
そのようなスタンスでSEO対策に臨んで頂ければ「貴サイト全体」でのSEO集客成功確率が高まると思います。

個々のURLでは調子の悪いURLが出てきても貴サイト全体で見た場合には右肩上がりでSEO集客が伸ばして行くイメージでSEO対策に臨んで頂くと検索エンジン集客は上手く行きます。
URL「個々の勢い」では無く、貴サイト「全体の勢い」がSEO集客では重要になります。

弊所自身は昔からSEO集客のみで新規集客し事業を継続しておりますが、自管理サイト群のSEO集客で弊所が重視しているのも「全体の勢い」です。
通常は、「全体の勢い」を重視するとSEO集客が安定し、「個々の勢い」を重視するとSEO集客が不安定になります。

以上です。
今後とも宜しくお願い致します。

== 以上 ==
[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]
SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

【SEO対策SEMサービスのご案内】
弊SEOサービスにお申込み頂く場合は、「最新版のSEOサービス・料金表」で確認の上、ご依頼頂けたらと思います。
最新版はこちらです ⇒ http://seo.tonken.biz/service/fee
※「最新版SEOサービス・料金表」は常に「最新状態」を保つよう努めております。

The following two tabs change content below.

トンケン経営研究所(Tonken Institute of Management)