ペナルティ最も多いのは被リンク周り。コンテンツ周りもあるが少ない

>ところが11月にGoogleより2サイトとも手動スパム対策をとられました。
理由は「価値のない質の低いコンテンツ」だそうです。
トップページは非常に有益な情報を掲載したコンテンツだったのですが、個別ページは全て外注業者に頼んだ記事だったので、実はコピーコンテンツが混ざっていたのかもしれませんし、原因は定かではありません。

弊所側の見解を申し上げますと、コンテンツはそれほど関係無いと思います。
おそらく「被リンク」が原因の順位ダウンです。

「被リンクの質」が「低い」ゆえに、Googleレーダーに探知され検索スタッフによって手動のペネルティを科せられて順位ダウンしたか、もしくは検索ロボットによる自動のペナルティやマイナス評価を食らったかの何れかだと思います。
コンテンツが原因の順位ダウンやマイナス評価も勿論存在しますが、一番多いのは「被リンクの質」が原因の順位ダウンです。

弊所の被リンク対策で供給する被リンク群はGoogleレーダーに探知されないようステルス度を高めておりますので、そういった順位ダウンやペナルティとは無縁です。
以前ご依頼頂いた当時より2014年11月までの間に新規供給した被リンク群はペナルティやマイナス評価は受けておりません。

弊所の被リンク群の「質」はそういうレベル(水準)だとお考えください。

>その後2サイトとも個別ページのコンテンツを差し替え再審査の申請をしましたが、審査は通りませんでした。

審査を通らない理由は「コンテンツが真の原因では無い」からです。
検索スタッフの本音(実質)と建前(名目)は違います。

「価値のない質の低いコンテンツ」等の建前・名目的なメッセージに振り回されないようにして頂く事がGoogle SEOでは大事であります。
繰り返しになりますが、ビッグキーワードで順位が落ちる原因のほとんどは「被リンクの質」が原因です。

>トップページは非常に有益な情報を掲載したコンテンツだったのですが、個別ページは全て外注業者に頼んだ記事だったので、実はコピーコンテンツが混ざっていたのかもしれませんし、原因は定かではありません。

基本的にコピーコンテンツはリスクがあるので避けて頂いた方が良いですが、コピーコンテントだけで構成したページ(URL)であっても「今現在も順位は上げられます」。
「コンテンツ無しURL」(スカスカURL)がサイト内に多い場合は重度のペナルティまたはマイナス評価を食らいサイト内の全URLのSEOスコアが大幅にダウンするのが普通ですが、サイト内にコピーコンテンツが幾らか混ざっている程度でそこまでSEOスコアはダウンしません。

貴サイトに関しては、「コンテンツの質」では無く「被リンクの質」が原因で順位ダウンであると弊所はみております。

>なので、今度こそは再度初心に帰り、新規サイトを立ち上げて、

過去に設置した被リンク群の解除には莫大なコストが掛かりますので、「新規サイトをビルド(建造)する」のが一番安上がりで良い選択かと思います。

== 以上 ==
[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]
SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

【SEO対策SEMサービスのご案内】
弊SEOサービスにお申込み頂く場合は、「最新版のSEOサービス・料金表」で確認の上、ご依頼頂けたらと思います。
最新版はこちらです ⇒ http://seo.tonken.biz/service/fee
※「最新版SEOサービス・料金表」は常に「最新状態」を保つよう努めております。

The following two tabs change content below.

トンケン経営研究所(Tonken Institute of Management)