コンテンツ内容にピッタリ合うキーワードでしか安定上位表示は狙えぬ

>当面は先日お願いした対策キーワード、対策URLを基にお願いしつつ、今後、ある程度評価が定まってきて、時期が来ましたら、別のキーワード群での対策も考えていこうと思います。

それで良いと思います。
一気に対策する必要はありませんので、一個ずつターゲットキーワードを各個撃破して行けば良いと思います。

今年は「A」と「B」で「安定上位表示」「安定1位表示」を固める、来年は「C」「D」で「安定上位表示」「安定1位表示」を固める、再来年は・・・、といったイメージで売上に繋がる色々なターゲットキーワードを一個ずつ確実に仕留めて行けば集客は安定して行きます。
なお、「確実に仕留める」上では「コンテンツのSEO」を確り押さえる必要があります。

実際に、1契約8000円時代のお客様で現在も継続中の方々はそういったやり方で確実に年々「安定上位表示」「安定1位表示」を積み上げております。
時間軸を視野に入れてSEO対策を行っているお客様方の場合は、上記のようなやり方で「同じURL」で複数のターゲットキーワードで「安定上位表示」「安定1位表示」を実現しております。

貴トップページURLの場合も、コンテンツ内容にピッタリ沿ったキーワードが3つあれば、其の3つのキーワードでは「安定上位表示」「安定1位表示」は確実に狙えます。
時間軸を意識してSEO対策に臨む場合は、順番に一個ずつそれらのキーワードを「安定上位表示」「安定1位表示」させて行けば3キーワード全てで「安定上位表示」「安定1位表示」を達成する事も可能です。

今後の「未来 検索アルゴリズム」下では、コンテンツ内容にピッタリ合うキーワードでしか順位が上がらなくなって行きますので、「ぴったりキーワード」だけは各URLの対策キーワード選定時に確り押さえて頂けたらと思います。
各URLのコンテンツ内容で「順位が上がるキーワード」は予め決まっておりますので、コンテンツ内容に沿った「順位の上がるキーワード」を選定し、被リンク対策を行う事を意識して頂けたらと思います。

現在貴サイト内にターゲットキーワード「A」にピッタリのコンテンツが無い場合は、貴サイト内の既存URLに無理やりターゲットキーワード「A」を割当てるのではなく、ターゲットキーワード「A」にピッタリの新コンテンツを用意して頂き、そのコンテンツを嵌め込んだ新URLに被リンク対策を施す方向で、各URLの「対策キーワード割当て」を進めて頂けたらと思います。
このルールを守って頂ければSEO集客の成功確率は高まります。

逆にこのルールから外れてしまうとSEO集客で失敗する確率が「確実に」高まります。

== 以上 ==
[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]
SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

【SEO対策SEMサービスのご案内】
弊SEOサービスにお申込み頂く場合は、「最新版のSEOサービス・料金表」で確認の上、ご依頼頂けたらと思います。
最新版はこちらです ⇒ http://seo.tonken.biz/service/fee
※「最新版SEOサービス・料金表」は常に「最新状態」を保つよう努めております。

The following two tabs change content below.

トンケン経営研究所(Tonken Institute of Management)