「検索ユーザーの役に立つか?」で重複コンテンツのGoogle評価は変わる

重複コンテンツに関してはパンダの影響を受けない場合も多いため、サイト内のコンテンツ群の文章「量」ほどは重要ではありません。
重複コンテンツに関しては、「悪影響を受ける可能性があるかもしれない」という程度の認識で結構です。

パンダアルゴリズムにおいて、一番「負の影響」が大きいのは各コンテンツの文章「量」です。
文章量(文字「数」・情報「量」)が少なければ少ないほどパンダリスクは高まります。

重複コンテンツに関しては、重複コンテンツがかなり多いサイトでもまったく負の影響を受けていないサイトも多く存在します。
ですので、重複コンテンツが多いからといってパンダリスクが高まるとは申し上げられません。

パンダで気にした方が良いのは、「文章量」くらいです。
重複コンテンツに関しては「サイト内の重複コンテンツをより少なくする意識」だけ持って頂ければ十分です。

空コンテンツURLが上位表示されてもGoogle検索ユーザーの役に立つ事は決してありませんが、重複コンテンツURLはGoogle検索ユーザーに大変役立つ事が多くございます。
たとえば、各専門分野の「専門用語」で検索すると、重複コンテンツだらけのページ(URL)が上位表示されております。

重複コンテンツだらけだからといって役立た無いかといえば、そのような事は全くございません。
Google検索ユーザーの問題解決に繋がっており、「大変役立って」おります。

検索したキーワードに沿う形で重複コンテンツ群をページ内にコピペしてうまくまとめ上げているURL群は今後も、Google検索ユーザーの「役に立ち続けます」ので、かなり安定して上位を維持する事になると申し上げられます。
重複コンテンツに関して重要なのは「Googleユーザーに役立つかどうか」だけです。

役立つなら安定上位表示・安定1位表示されます。
この傾向はパンダ登場後も何ら変化はありません。

重複コンテンツが多すぎるサイトであっても、Googleユーザーに役立つ形で重複コンテンツ群をコピペ(コピー・アンド・ペースト)してまとめ上げているサイトに関しては、パンダの影響を受ける事無く安定上位表示・安定1位表示をサイト内の多くのURL群が達成したままとなっております。
重複コンテンツというだけでは、Googleは貴サイトに大きなマイナス評価は下しません。

Googleがマイナス評価を下す「判断基準はシンプル」です。
「上位表示させるとGoogle検索ユーザーの役に立つかどうか?」です。

これがGoogleの判断基準です。
重複コンテンツだらけのページを上位表示させた結果、Google検索ユーザーの問題が解決しGoogle検索ユーザーの満足度が上がるならば、重複コンテンツURLであっても「OK」というのがGoogleの判断です。

弊所自身もパンダ登場後も重複コンテンツオンリーのページ(URL)を安定上位表示や安定1位表示させてかなりの数のGoogle検索ユーザー(Yahoo検索ユーザー)を実際に集客しております。
「役立つ重複コンテンツページ」であれば、Googleは評価を下げたりはしません。

パンダ登場後もGoogleは、一貫して「役立つ重複コンテンツオンリーのページ」のSEOスコアを下げておりません。

== 以上 ==
[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]
SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

【SEO対策SEMサービスのご案内】
弊SEOサービスにお申込み頂く場合は、「最新版のSEOサービス・料金表」で確認の上、ご依頼頂けたらと思います。
最新版はこちらです ⇒ http://seo.tonken.biz/service/fee
※「最新版SEOサービス・料金表」は常に「最新状態」を保つよう努めております。

The following two tabs change content below.

トンケン経営研究所(Tonken Institute of Management)