「コンテンツ役立ち度」は「独自性」より大事。Googleの内部SEO対策の勘所

>SEOに最大限の効果を得るには下のコンテンツを URLより削除したほうがいいのですか?

「コンテンツSEO」において、「コンテンツ独自性」は優先順位で申し上げますと3番目となります。
「コンテンツ キーワード最適化」⇒「コンテンツ 充実度」⇒「コンテンツ独自性」の順番でコンテンツSEOを進めて行く事が成功に繋がります。

コンテンツSEOの成功においては進める「順序」「順番」が非常に重要になります。
コンテンツSEOにおける優先順位1位の「キーワード最適化」と優先順位2位の「充実度」は、両方とも確実に押さえて頂く必要がございます。

押さえる「順番」は「キーワード最適化」⇒「充実度」です。
この2つを押さえる事はコンテンツSEO成功の「絶対条件」となります。

貴社が問題としているのは優先順位3位の「独自性」かと思いますが、独自性は低めでも上位表示も1位表示も達成可能です。
「重複コンテンツオンリー」のページなどがその例となります。

重複コンテンツ群をかき集めてターゲットキーワードに沿う形でコピペしてまとめ上げたページ(URL)はパンダ登場後も安定上位表示や安定1位表示を達成したままとなっております。
重複コンテンツオンリーページは、独自性の「かけら」も無いページではありますが、安定上位表示・安定1位表示されたままです。

重複コンテンツ(コピーコンテンツ・複製コンテンツ)ではあっても、Googleユーザーには大変「役立つ」ページですので、上位表示されたままとなっております。
「コンテンツ キーワード最適化」と「コンテンツ充実度」はGoogleユーザーに役立つかどうかに直接関わってきますので「大変重要」です。

3番目の「コンテンツ独自性」に関しては「Googleユーザーに役立つかどうか?」という視点で観た場合は、必ずしも必須の要素ではございません。
コンテンツの独自性も高いにこしたことはありませんが、それよりも重要なのは「Googleユーザーに役立つかどうか?」という視点です。

「Googleユーザーに役立つ」ならば、たとえ独自性が低い複製コンテンツだけで構成されたページ(URL)であっても、Google検索エンジンは「高く評価」します。
コンテンツの一部にコピーコンテンツ(コピー記事)が混ざっていても安定上位表示・安定1位表示は達成可能です。

コンテンツの「キーワード最適化」と「充実度」は、そのキーワードで検索するGoogle検索ユーザーの「満足度」に直結しますので、この2つを外してしまえば「安定上位」も「安定1位」も達成不可能となります。
コンテンツの独自性に関しては、コピーコンテンツだらけのページであってもGoogle検索ユーザーの役に立つコピーコンテンツ構成なら「満足度」向上に結びつきます。

ですので、「重複コンテンツ」や「コピーコンテンツを含む」という理由だけで、貴サイトにマイナス評価を下したりは通常しません。
Google検索ユーザーに役立つコンテンツであれば、コピーコンテンツであっても良いのです。

それがGoogleが検索結果を通じて発しているメッセージであります。
上位表示された際に、Google検索ユーザーに「役立つコンテンツ」であれば、コピーかオリジナル(独自)かは問わないのです。

「SEO効果を最大限引き出す」事が目的であるならば、コピーコンテンツ部分は完全に削除した方が良いですが、一部かぶる事があっても順位を上げる際の「障り」(障害)とはなりません。

== 以上 ==
[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]
SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

【SEO対策SEMサービスのご案内】
弊SEOサービスにお申込み頂く場合は、「最新版のSEOサービス・料金表」で確認の上、ご依頼頂けたらと思います。
最新版はこちらです ⇒ http://seo.tonken.biz/service/fee
※「最新版SEOサービス・料金表」は常に「最新状態」を保つよう努めております。

The following two tabs change content below.

トンケン経営研究所(Tonken Institute of Management)