「コンテンツ役立ち度」は「独自性」より大事。Googleの内部SEO対策の勘所

>SEOに最大限の効果を得るには下のコンテンツを URLより削除したほうがいいのですか?

「コンテンツSEO」において、「コンテンツ独自性」は優先順位で申し上げますと3番目となります。
「コンテンツ キーワード最適化」⇒「コンテンツ 充実度」⇒「コンテンツ独自性」の順番でコンテンツSEOを進めて行く事が成功に繋がります。

コンテンツSEOの成功においては進める「順序」「順番」が非常に重要になります。
コンテンツSEOにおける優先順位1位の「キーワード最適化」と優先順位2位の「充実度」は、両方とも確実に押さえて頂く必要がございます。

押さえる「順番」は「キーワード最適化」⇒「充実度」です。
この2つを押さえる事はコンテンツSEO成功の「絶対条件」となります。

貴社が問題としているのは優先順位3位の「独自性」かと思いますが、独自性は低めでも上位表示も1位表示も達成可能です。
「重複コンテンツオンリー」のページなどがその例となります。

重複コンテンツ群をかき集めてターゲットキーワードに沿う形でコピペしてまとめ上げたページ(URL)はパンダ登場後も安定上位表示や安定1位表示を達成したままとなっております。
重複コンテンツオンリーページは、独自性の「かけら」も無いページではありますが、安定上位表示・安定1位表示されたままです。

重複コンテンツ(コピーコンテンツ・複製コンテンツ)ではあっても、Googleユーザーには大変「役立つ」ページですので、上位表示されたままとなっております。
「コンテンツ キーワード最適化」と「コンテンツ充実度」はGoogleユーザーに役立つかどうかに直接関わってきますので「大変重要」です。

3番目の「コンテンツ独自性」に関しては「Googleユーザーに役立つかどうか?」という視点で観た場合は、必ずしも必須の要素ではございません。
コンテンツの独自性も高いにこしたことはありませんが、それよりも重要なのは「Googleユーザーに役立つかどうか?」という視点です。

「Googleユーザーに役立つ」ならば、たとえ独自性が低い複製コンテンツだけで構成されたページ(URL)であっても、Google検索エンジンは「高く評価」します。
コンテンツの一部にコピーコンテンツ(コピー記事)が混ざっていても安定上位表示・安定1位表示は達成可能です。

コンテンツの「キーワード最適化」と「充実度」は、そのキーワードで検索するGoogle検索ユーザーの「満足度」に直結しますので、この2つを外してしまえば「安定上位」も「安定1位」も達成不可能となります。
コンテンツの独自性に関しては、コピーコンテンツだらけのページであってもGoogle検索ユーザーの役に立つコピーコンテンツ構成なら「満足度」向上に結びつきます。

ですので、「重複コンテンツ」や「コピーコンテンツを含む」という理由だけで、貴サイトにマイナス評価を下したりは通常しません。
Google検索ユーザーに役立つコンテンツであれば、コピーコンテンツであっても良いのです。

それがGoogleが検索結果を通じて発しているメッセージであります。
上位表示された際に、Google検索ユーザーに「役立つコンテンツ」であれば、コピーかオリジナル(独自)かは問わないのです。

「SEO効果を最大限引き出す」事が目的であるならば、コピーコンテンツ部分は完全に削除した方が良いですが、一部かぶる事があっても順位を上げる際の「障り」(障害)とはなりません。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

トンケン経営研究所とは
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

SEO対策SEMサービスのご案内
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛生サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛生サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・SEO料金の詳細はこちらです ⇒ SEO対策サービス・SEO料金表

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・SEO料金の詳細はこちらです ⇒ SEO対策サービス・SEO料金表

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

フォローする