1サイトでPCもスマホも対応のレスポンシブルWeb技術ならSEOも安全か?

>現在のサイト内のページ内容と、スマートフォン用URLを同じようにした場合、グーグルのSEOに悪影響がないでしょうか?
両サイトの両URLのテキストの内容が同じである場合…。

同一コンテンツのサイトが2つある状態ですので、「運が悪ければ」悪影響が出てきます。
被リンクはメインのPCサイトのみに集中させ、スマホサイトには一切被リンク対策を施さなければ悪影響は最少に抑えられます。

被リンクを集中させていないスマホサイトの方は、検索エンジンロボットにコピーサイトと認識されて検索経由の集客が完全に絶たれる可能性(一種のペナルティ)がありますが、メインサイトは被リンクを集中させている関係で「オリジナルサイトと認識」され難を逃れられると思います。
一番の理想は同じサイト(同じドメイン)のままスマートフォンにもPCにもタブレットにも対応させてしまう事です。

CSS等の調整で技術的には可能ですので、貴社のWebサイトの製作を担当している業者に問い合わせて頂くのも一つの手です。
基本的にはその方向で進めて頂いた方が良いと思います。

現在のHP業者の技術では対応不可能という事であれば、対応可能な業者に切り替えて頂いた方が良いかもしれません。
同一コンテンツのサイトを複数作った場合であっても基本的には大丈夫なのですが、上述の通りでして100%安全というわけではありません。

Q&Aサイトなどは同じ質問と同じ答えの同一コンテンツが異なるドメインのQ&Aサイト群に同時に掲載されておりますが、順位が落ちる事もなく現在もどのQ&Aサイトも上位表示されたままです。
また、Web上で他サイトのコンテンツを引用して使う際に、他サイトのコンテンツをそのままコピーして自分のサイトに掲載する事が普通に行われておりますが、引用されたコンテンツを持つ「もと」のURLは特にSEO上の悪影響を受けておりません。

但し「引用」とともに引用コンテンツへのリンクが掲載されていない場合は、評価も相手に持って行かれてしまう事はございますが。
同一コンテンツ(引用コンテンツ)が他サイト群にリンク付きで多く掲載されても、引用された元のコンテンツ(元のURL)のSEO評価は落ちておらず、むしろ評価を上げております。

Web世界(検索エンジン世界)と現実世界は基本的に「同じ」ですので、Web上では引用(コピー)されると悪影響(評価落ち)を受け、現実世界では引用(コピー)されると逆に評価が高まるといったように、逆の扱いを受けるという事は通常は起こりません。
現実世界でも出典を隠して、自分の意見論説であるかのように他人の意見論説をパクッて発表した場合は、そのパクった人に評価をもって行かれてしまいます。

引用した人物がパクらずに出典元を明確に示した場合は、出典元の人物にハクが付き権威化されて引用された人物は社会的評価が上がります。
現実世界とWeb世界は「同じ」ですので、貴モバイルサイトのコピーコンテンツにPCサイトのオリジナルコンテンツへのリンクが貼ってあれば、出典元が明確に示されている状態ですので、貴メインサイトの方の評価が下がる事は通常ございません。

但し、検索エンジン世界は完全に現実世界の「鏡」とは今現在のところなっておりませんので、貴メインサイトの方が評価ダウンし順位を落とす可能性はございます。
少ないながらもリスクは有るという事であります。

可能であれば、同じサイト(メインドメイン)でスマホにもタブレットにもPCにも対応して頂く方向でCSS調整を進めて頂けたらと思います。
無理であれば、分離する形でも結構ですが、小さいながらもリスクはありますので、覚悟を決めて頂いた上で宜しくお願い致します。

>スマートフォン用サイトを制作する場合、既存のSEOに良い、または、問題がない構造について何かアドバイスがあったらお願い致します。
 
スマートフォン専用サイトを作る場合は、PCサイトとは別のコンテンツを入れて頂いた方が良いと思います。
同じコンテンツを使いまわすのは上述した通りでして低いながらもリスクが伴います。

スマホサイトで同一コンテンツを使う場合は、PC版サイトの同一コンテンツに向けてリンクを貼って出典元を明確にしておくと良いです。
スマホ版サイトのコンテンツAページにPC版サイトのコンテンツAへのリンクを貼っておくと、上述した「引用」と似たような扱いになるためマイナス影響は減らせます。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

【トンケン経営研究所とは】
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

【SEO対策SEMサービスのスローガン】(トンケン経営研究所)
高品質・中長期・強勢

【SEO対策SEMサービスのご案内】(トンケン経営研究所)
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛星サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛星サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)/トンケン経営研究所

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)/トンケン経営研究所
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)|トンケン経営研究所

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

フォローする