印刷媒体プレゼンス低下、Web存在感。外部環境変化と広告宣伝費配分

【店舗別サイト】
各店舗サイトでは全店舗共通の運用方針を定めて、その方針に沿った運用をして行くと良いです。

「運用方針に必ず従う」という条件で、あとは各店舗の店長(or Web担当者)に店舗サイトの管理(ページ作成などの細かい部分)を任せてしまうと良いでしょう。
そうすれば各店舗の店長も機動的に動けるのではないかと思います。

SEOで土台となる集客数を増やしつつ、一時的に集客を増やしたい時などには各店長がAdwordsやYahoo!リスティング広告を打つなどして、各店舗ごとに集客数を調整する形をとると良いのではないかと思います。
SEOで各店舗サイトの固定集客数を増やしつつ、店舗ごとに日によって異なる集客数の過不足調整は各店長がP4P(インターネット広告)を用いて定められた広告予算の範囲内で機動的に行うと上手く行くのではないかと思います。

各店舗URLごとに独立したサイトにしておくと各店長も店舗レベルでの広告宣伝活動や集客活動がやり易くなるのではないかと思います。

こういった形に直ぐに切り替える必要はありませんが、スマート端末・タブレット端末等の更なる普及で印刷媒体での広告宣伝集客活動の重要度が下がり、Web媒体での広告宣伝集客活動の重要度が上がって行きますのでWeb上でのプロモーション(広告宣伝)や集客が機動的に行える体制は作って置いたほうが良いと思います。
「印刷媒体の重要度が下がり、Web媒体の重要度が上がる」、これが貴産業(貴業種)で起こっている外部環境の変化かと思います。

「印刷媒体⇒Web媒体」です。
外部環境が変化しておりますので、宣伝広告費の配分も当然変えて行く必要があります。

今後、貴産業(貴業種)でもSEOへの宣伝広告費配分が増えるとみております。
この外部環境の変化に適応できた企業が、今後伸びるのではないかと思います。

「印刷媒体だけではもう駄目だ、Web媒体にも力を入れねば」という風に貴業種(貴産業)に属する経営者達の意識が変わりつつあるのを最近は感じております。
貴産業(貴業種)周りでも、SEOを重視する店長や経営者が去年あたりから増えてきました。

== 以上 ==
[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]
SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

【SEO対策SEMサービスのご案内】
弊SEOサービスにお申込み頂く場合は、「最新版のSEOサービス・料金表」で確認の上、ご依頼頂けたらと思います。
最新版はこちらです ⇒ http://seo.tonken.biz/service/fee
※「最新版SEOサービス・料金表」は常に「最新状態」を保つよう努めております。

The following two tabs change content below.

トンケン経営研究所(Tonken Institute of Management)