一定期間毎に変わるGoogle検索アルゴリズムのパターン。順位変動原因

一定期間ごとに検索アルゴリズムのパターンが替わる傾向がGoogle検索ではございます。
パターンA下では「そこそこ」の評価でも、パターンB下では評価が「まだまだ」という事もございます。
それなりの期間、外部SEO対策(被リンク対策)を継続するとどのパターンが来ても検索順位は落ちなくなりますが、貴URL群に関しては外部SEO対策期間が長いわけではありませんので、検索アルゴリズムのパターンが入れ替わる事で順位が下がったり上がったりする事が今後も発生すると思います。

上記のような順位変動は「時間」が解決する問題だと申し上げられます。
検索アルゴリズムのパターンA下で被リンクを浴びた場合はパターンA下では順位が上がる傾向がございますが、パターンB下では順位が落ちる傾向がございます。

パターンB下で被リンク対策を継続する事でパターンB下でも順位が上がるようになります。
外部SEOサービス(被リンクサービス)の多くは一ヵ月~三か月前後で被リンクの設置を完了してしまいますが、それよりももう少し長い期間を一括りとして検索アルゴリズムのパターンが入れ替わっているように感じます。

その一つのパターン下でしか被リンクを集めていないURLは安定して上位表示される事が少なく、検索アルゴリズムのパターンが替わる度に順位が上がったり圏外に飛んだりを繰り返す傾向が昔からございます。
以前、申し上げました通りで対策URLの検索順位はストレートに上がって行くものでは無く、上がったり下がったりの上下動を伴いながら順位は上って行きます。

ですので、順位が下がっても特に心配する必要はないと申し上げられます。
宜しくお願い致します。

== 以上 ==
[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]
SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

【SEO対策SEMサービスのご案内】
弊SEOサービスにお申込み頂く場合は、「最新版のSEOサービス・料金表」で確認の上、ご依頼頂けたらと思います。
最新版はこちらです ⇒ http://seo.tonken.biz/service/fee
※「最新版SEOサービス・料金表」は常に「最新状態」を保つよう努めております。

The following two tabs change content below.

トンケン経営研究所(Tonken Institute of Management)