「1サイト1被リンク+ROS被リンク」と「1サイト1被リンクのみ」の違い

>検索上位豚とナチュラル検索上位豚の違いがわかりません。

「検索上位表示豚」は「ROSリンク+1サイト1リンク」を組み合わせた被リンク対策を行います。
「ナチュラル検索上位表示豚」は「1サイト1リンク」のみで被リンク対策を行います。

違いは「ROSリンクを使うか、使わないか」だけです。
その他には一切違いはありません。

順位を上げる為に存在する各「外部サイト」の任意の1ページに貴URLのリンクを設置するのが「1サイト1リンク」です。
順位を上げる為に存在する各「外部サイト」内の全ページに貴URLのリンクを設置するのが「ROSリンク」(Run Of Site Link)です。

「検索上位表示豚」では「対策URL・キーワード一覧」の上位に並ぶURL・キーワードに対しては「ROSリンク+1サイト1リンク」式の「高負荷」な被リンク対策を施し、「対策URL・キーワード一覧」の下位に並ぶURL・キーワードに対しては「1サイト1リンク」式の「低負荷」な被リンク対策を施します。

「ROSリンク」で外部サイトの全ページに被リンクを設置した場合は、外部サイト内のどれか1ページがGoogle検索のクローラーに巡回されてインデックス登録されれば「被リンク」として認識されますので、早い段階で被リンク効果が対策URLの順位に反映されます。
「1サイト1リンク」の場合は、被リンクを設置した各「外部サイト」の任意の1ページがピンポイントで検索エンジンにインデックス登録されるまで、「被リンク」として認識されませんので、被リンク効果が対策URLの順位に反映されるまでに時間がかかります。

ターゲットキーワードで検索順位を上げるには対策URLに「負荷」を掛ける必要があります。
その「負荷」が「被リンク」です。

同期間で多めに被リンクを供給すれば対策URLには「高い負荷」(高負荷)が掛かりますので、負荷が大きい分だけ順位が早く上がってきます。
同期間で少な目に被リンクを供給すれば対策URLには「低い負荷」(低負荷)が掛かりますので、負荷が小さい分だけ順位が上がるまでには相応の時間が必要です。

では、「高負荷」がSEO対策(被リンク対策)では良いのかといえば、そんな事はありません。
URLは人間と同じでして、高い負荷を掛け続けますと「高負荷」が「過負荷」に至り体調を崩す事があります。

体調の崩れは「順位の崩れ」という形で顕れます。
URLも人間のように、それぞれ体質や体力が異なり、高い負荷を掛け続けても全く「過負荷」に至らず順調に順位を上げて行き上位表示・1位表示されるURLが存在する一方で、高い負荷を長い期間掛け続けますと「高負荷⇒過負荷」に至り順位を落としてしまうURLも存在します。

車の運転でスピードを上げれば上げるほどリスクが高まるのと同じでして、被リンク対策の場合も1か月1か月の対策期間内で負荷を上げれば上げれるほどリスクは高まります。
ナチュラル検索上位表示豚のように1サイト1リンクのみで対策する場合は、対策URL群に施す被リンク対策が低負荷となりますので、毎月連続して「低負荷被リンク対策」を施してもリスクは殆どないため「安全」ではありますが上位表示スピードはダウンします。

リスクを非常に低く小さく抑え安全安定重視で順位を上げて行くのであればナチュラル検索上位表示豚が適します。
ある程度スピード感を持って順位を上げて行くのであれば高負荷被リンク対策も織り交ぜた検索上位表示豚が適します。

過去の両サービス利用実態で申し上げますと、「検索上位表示豚」が9割を超えます。
毎月の被リンクパワーが大きくなるため、殆どのお客様には検索上位表示豚の方が魅力的なようです。

ROSリンクに伴うリスクに関しては、弊所のSEO技術でリスクを大きく低減させておりますので基本的には大丈夫です。
稀に過負荷に至るURLも出てきますが、そういったケースは非常に少数で「稀」です。

但し、その「稀」に貴URLが当たってしまえば順位ダウンもあり得ますので、「リスクはゼロでは無い」という事であります。

過負荷になるのを避ける方法はあります。
たまに「対策URL・キーワード一覧」の上位に並ぶURL・キーワードを一覧下位に配置換えして頂ければ良いのです。

人間とURLは同じですので、「高負荷」⇒「高負荷」⇒「高負荷」⇒・・・・⇒「低負荷」⇒「低負荷」⇒「高負荷」⇒「高負荷」⇒・・のようにたまに間に低負荷な被リンク対策を入れて頂ければ、過負荷に成るのを避けられます。
適度に「休み」を入れるという事です。

この辺は「完全に人間」と同じです。
「多少負荷が掛かり過ぎの状態」が一定期間続き「過負荷」になりつつあれば、そこで「低負荷な被リンク対策」に切り替えて対策URLに掛かる負荷を下げれば「過負荷」による体調悪化は避けられます。

現在に至るまで何年も継続して「高負荷」被リンク対策のみ施しているもお客様方もいらっしゃいますが、「過負荷」には至っておりません。
同じURLにROSリンクを数年間、毎月用いても「過負荷」に至らないURLも存在するという事です。

ROSリンクを何年も継続して用い続けても大部分の対策URLは過負荷には至りませんが、過負荷に至る可能性もゼロではありません。
発生確率は低いにしても一定のリスクは有りますので、其の辺は意識して頂けたらと思います。

ROSリンクを用いる検索上位表示豚サービスを貴社が選んだ場合でも、弊所で貴URL群の順位・内部チェック等をして「ROSリンク不要」「ROSリンクを用いない方が順位が上がる」と弊所が判断した場合はROSリンクは用いません。
ナチュラル検索上位表示豚であれば、そもそもROSリンクを使いませんので殆どリスクはありませんが、検索上位表示豚を利用頂く場合でも「ROSリンクを使って大丈夫なURL・キーワードかどうか」を弊所がチェックしておりますので、リスクは低減されます。

ROSリンクを用いる場合も「弊所のSEO技術に基づきROSリンクを設置」しますので更にリスクは低減されます。

ROSリンク有りの検索上位表示豚サービスを利用する場合、
1、ROSリンク使用が可能なURL・キーワードか弊所がチェックして判断にリスク回避
2、ROSリンク使用可能と判断したURLに、弊所の被リンク設置技術(SEO技術)を用いて被リンク設置する事でリスク低減

という形で二重でリスク回避・リスク低減機能が働きますので、殆どのURLでは大丈夫です。

先ほども申し上げましたが、ROSリンクを供給した時のURLの反応は「対策するURL」や「対策するサイト」で異なります。
特に「URL内部のオリジナル部分(コンテンツ)の出来」で反応はかなり変わります。(=コンテンツのSEO対策)

各URLのオリジナル部分(コンテンツ)がターゲットキーワードに沿って初めから終りまでまとまっていれば、多くの場合「ROSリンクを打ては響く」状態になりますが、まとまっていない場合は「ROSリンクを打てども響かず」状態になる事が多いです。
各URLの「コンテンツの出来」次第で、同じROSリンクの供給であってもSEOの成果は「天と地」ほどにも変わります。

現時点でROSリンクにリスクを感じていらっしゃるのであれば、ご提示頂いた「対策URL・キーワード一覧」の順番を逆にして頂けたらと思います。
そしてサブURL群にしばらくROSリンクを供給し、ROSリンクの効果をご判断頂くのが良いのではないかと思います。

ROSリンクの効果を見る場合は、一覧上位にサブURLを並べて頂き、一覧下位にトップページURLを並べて頂き、トップページURLの3キーワードには「1サイト1リンク」式の被リンク対策を施して行けば良いと思います。
大半のローカルキーワードは1サイト1リンク式だけでも1位表示させられます。

>キーワードを絞ったほうがよいのであれば

トップページURLのオリジナル部分(コンテンツ内)でよく出現するキーワードで被リンク対策を行うと順位が上がり易く、コンテンツ内で殆ど出現しない(or 全く出現しない)キーワードでは順位は上がり辛いのですが、3キーワードで被リンク対策を施す事自体はマイナスにはなりません。
絞らずとも大丈夫です。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

トンケン経営研究所とは
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

SEO対策SEMサービスのご案内
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛生サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛生サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・SEO料金の詳細はこちらです ⇒ SEO対策サービス・SEO料金表

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・SEO料金の詳細はこちらです ⇒ SEO対策サービス・SEO料金表

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

フォローする