オリジナル部分・コンテンツにキーワードを十分記述するとSEO効果大

ターゲットキーワードは対策URL内の「共通部分」(ヘッダー・フッター・サイドメニュー)に出現させて頂くよりも、「オリジナル部分」(コンテンツ内)で出現させて頂いた方が遥かに高いSEO効果が期待できます。

ターゲットキーワードが出現位置,SEO効果・被リンク効果の高い順
1、オリジナル部分(コンテンツ内)+共通部分(ヘッダー,フッター,サイドバー)
2、オリジナル部分(コンテンツ内)
3、共通部分(ヘッダー,フッター,サイドバー)
4、オリジナル部分・共通部分にキーワード一切無し

「1」「2」のどちらかであれば高いSEO効果・被リンク効果が期待できますが、「3」の共通部分のみにキーワードが出現するURLの場合は上位表示効果・被リンク効果が「ガクッ」と落ちます。
「4」タイプのURLの場合は競争相手が少なかろうと上位表示や1位表示が大変困難になります。

“競争相手の多いキーワード”ですと、「3」タイプのURLも上位表示や1位表示が大変困難になります。
貴社の場合はローカルキーワード中心の対策かと思いますので大丈夫だと思いますが、競争相手が多い全国区のナショナルキーワード中心の対策の場合はオリジナル部分(コンテンツ内)にターゲットキーワードを十分に出現させて頂く事が必須となります。

== 以上 ==
[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]
SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

【SEO対策SEMサービスのご案内】
弊SEOサービスにお申込み頂く場合は、「最新版のSEOサービス・料金表」で確認の上、ご依頼頂けたらと思います。
最新版はこちらです ⇒ http://seo.tonken.biz/service/fee
※「最新版SEOサービス・料金表」は常に「最新状態」を保つよう努めております。

The following two tabs change content below.

トンケン経営研究所(Tonken Institute of Management)