「迷ったら動かない」(やり方を変えない)。SEO・被リンク対策の鉄則

>正直どうしたらよいのか分からなくなってきました。

「どうしてよいか分からない時」は「動いては行けない時」であります。
貴社は「被リンク停止」に動いてしまいしたが、動かない方が良かったと申し上げられます。

このまま対策を継続していれば、順位も順調に上がって行くのを貴社の判断(意思決定)で停止してしまったのですから、良い結果にはならないでしょう。

「迷ったら動かない」(=そのまま今まで通りのやり方で進める)というのが、「SEO対策」では「鉄則」となります。
Web(SEO対策)・リアル(経営)を問わず、「迷ったら動かない」(迷っている内はやり方を変えない)が「鉄則」です。

迷っている時に動くと、殆どの場合は「うらめ」に出て失敗します。
迷いの有る時は動く時ではございません。

迷いが無くなった時が「動く時」です。
今回の被リンク停止の件も同じです。

対策キーワードの順位が上がり始めたところで「迷い」が生じて貴社は「被リンク停止」という判断を下しました。
貴社は「迷った時に動いた」わけですが、「その結果どうなるか?」は今後明らかになるかと思います。

== 以上 ==
[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]
SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

【SEO対策SEMサービスのご案内】
弊SEOサービスにお申込み頂く場合は、「最新版のSEOサービス・料金表」で確認の上、ご依頼頂けたらと思います。
最新版はこちらです ⇒ http://seo.tonken.biz/service/fee
※「最新版SEOサービス・料金表」は常に「最新状態」を保つよう努めております。

The following two tabs change content below.

トンケン経営研究所(Tonken Institute of Management)