コンテンツと関連する発リンクの数は多い方が良いか?SEO効果小さい

>本文のキーワードと関連する発リンクも多い程良いでしょうか?

関連する発リンクが多ければ多いほど其のURLとターゲットキーワードとの関連性は増します。
しかし発リンクを増やせば増やすほど内部SEOスコアが目に見えて右肩上がりで上がって行くいうわけではありません。

オリジナル部分(コンテンツ)の文章量に関しては多いほど(ターゲットキーワードに沿って文字数を増やすほど)SEOスコアがアップするというのを実際に肌で感じられると思いますが、発リンクに関しては肌で感じ取れるほどのSEOスコアアップは無いのが普通です。
関連する発リンクを増やせばSEOスコアアップには繋がりますがスコアが大幅に(大きく)伸びるわけではありません。

発リンクを増やす事で大きくSEOスコアが伸びるのであれば「発リンク」は重要ですが、現実にはそれほどSEOスコアは伸びません。
「コンテンツの文章量」に比べれば「発リンク」の重要度は遥かに低いものとなります。

「発リンクを増やす」よりも、コンテンツ内でターゲットキーワードに沿って「文章量を増やす」方に注力して頂いた方が、「実り」(みのり,SEO効果)は大きくなります。
なお、コンテンツ内で「文章量を増やす」場合は、「ターゲットキーワードに沿って文字数を増やす」のがポイント(要点)となります。

ターゲットキーワードに沿う事無く(ターゲットキーワードから外れた内容で)文字数(文章量)だけ「水増し」すると、逆に貴URLのSEOスコアは低下して行きます。
ですので、コンテンツの文章「量」の「増加」にあたっては注意して頂けたらと思います。

オレンジジュースの「量」を増やす際には追加で「同質」の「オレンジジュース」を加えるのが普通です。
オレンジジュースの「量」を増やす為に「異質」の「水」を加えた場合は、オレンジジュース(コンテンツ)の味(質)が落ちてしまい飲めたものでは無くなってしまいます。(SEOスコア低下)

オレンジジュースに言えることは、貴対策URLのコンテンツ(ジュース)にも言えます。
道理は同じでございます。

「水」増しすると、貴対策URLのコンテンツ(ジュース)は飲めたものでは無くなってしまいます。(コンテンツの質の低下)
「コンテンツの質」低下は、「URLのSEOスコア」低下に直で跳ね返って来ますので、「水増し」には注意が必要になります。

== 以上 ==
[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]
SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

【SEO対策SEMサービスのご案内】
弊SEOサービスにお申込み頂く場合は、「最新版のSEOサービス・料金表」で確認の上、ご依頼頂けたらと思います。
最新版はこちらです ⇒ http://seo.tonken.biz/service/fee
※「最新版SEOサービス・料金表」は常に「最新状態」を保つよう努めております。

The following two tabs change content below.

トンケン経営研究所(Tonken Institute of Management)