本文(コンテンツ)のテキスト量と発リンク数。SEO効果高いのどっち?

>本文のテキストの量を多くするのと、本文はそのままにして、キーワードと関連する発リンクを多くするのとでは、どちらがより効果的でしょうか?

圧倒的な差で「文章量」に軍配です。
検索ユーザー目線・検索エンジン目線で考えても分かります。

検索結果でクリックしたページ(URL)のコンテンツ内に求める情報が全て詰め込まれている方が、検索ユーザーとしてはありがたいものです。
更に他ページで情報を探さずとも、其のページだけで求める情報が全て手に入り満たされれば、どの検索ユーザーも満足する事でしょう。

それを「検索アルゴリズム」で実現できれば、其の検索アルゴリズムを実装した検索エンジンの利用者は増えます。
検索エンジンはURLのオリジナル部分(コンテンツ)の情報をターゲットキーワードに沿って充実させているURLほど優遇し優先的に上位表示させます。

特にGoogle検索(=Yahoo検索)はそうです。
関連する発リンク数がコンテンツ内に多く含まれている事も、確かに検索ユーザーに役立ちますが其のページだけで必要な情報が全て手に入るURLほどには役立ちません。

「文章量」と「発リンク」のどちらも役立ちますが、より役立つのは「文章量」(情報量)の方です。
ですので、内部SEO対策として優先・重視すべきは「テキスト量」という事になります。

「テキスト量」と「発リンク」の両方とも多い「情報充実URL」がGoogleでは一番強いですが、関連する「発リンク」に関しては増やさなくともGoogle SEOではマイナスにはなりません。
テキスト文章量が少ないURLはGoogle SEOでは「マイナス」になります。

「情報の充実していないURLを上位表示させたくない」というのが「Google検索の考え」であり、其の考えに沿って検索アルゴリズムを開発しております。
ですので、情報不足URLはGoogle SEOでは不利になります。

商品を掲載してあるだけでテキスト情報が充実していないネットショップサイトがWeb上には非常に多く存在しますが、そういったネットショップサイトはGoogle SEOでは勝負になりません。
Googleの検索アルゴリズムは「情報充実URL」を求めているのです。

検索エンジン世界のルール・法を決めるのは「検索エンジン会社」ですので、上位表示したいのであれば其のルール・法に我々(サイト管理者)は必ず従わねばなりません。
弊所が貴社のようにネットショップサイトを展開する場合は、商品ページのテキスト文章量を増やし検索ユーザーが他ページで更に情報収集せずとも済むようにサブURL群のテキスト情報を充実させます。

ネットショップサイト内に情報充実URLを積み上げて行く形をとります。
Googleが求めているのは情報充実URL群ですので、それを満たすURL群をGoogle検索に「多く献上」して「Google検索エンジンを満足」させます。

その満足の見返りとして高いSEOスコアが情報充実URL群にGoogleから与えられます。
更に各URLに「検索アルゴリズムの変化」に強い被リンクを供給していき、SEO集客土台を踏み固めます。

その結果として、「SEO集客安定」に至ります。
弊所の場合は、サイト内部にもサイト外部にも隙は作りませんので、ネットショップでのSEO集客も安定します。

SEO集客での安定を求めるならば「検索エンジンを満足させる」事が大事であります。

== 以上 ==
[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]
SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

【SEO対策SEMサービスのご案内】
弊SEOサービスにお申込み頂く場合は、「最新版のSEOサービス・料金表」で確認の上、ご依頼頂けたらと思います。
最新版はこちらです ⇒ http://seo.tonken.biz/service/fee
※「最新版SEOサービス・料金表」は常に「最新状態」を保つよう努めております。

The following two tabs change content below.

トンケン経営研究所(Tonken Institute of Management)