タイトルテキストは前方と後方に区分し記述内容を分ける。TitleのSEO

タイトル部分のテキストを「前方|後方」で区分した場合は、タイトル前方はオリジナル部分でタイトル後方は共通部分を記述すると効果的です。
タイトル「後方」は全ページで共通して用いられるブランド名やサイト名や企業名を記述し、タイトル「前方」には各URLのコンテンツの「一行要約」を記述すると検索エンジンから高くされます。

タイトル前方に「コンテンツの一行要約」が入っていると検索ユーザーは検索結果に表示されるURLのリンク(アンカーテキスト)を見ただけで、コンテンツの情報を把握できますので検索ユーザーに対しても有効です。
「コンテンツの一行要約」に沿った情報(コンテンツ)を求めている検索ユーザーを集客できますので、検索ユーザーの反応もかなり変わります。

タイトルとコンテンツ内容が一致していないと、「求める情報がコンテンツに無いサイト」として検索ユーザーに認識されてしまうため、中長期視点でみるとSEOにもマイナス影響を及ぼします。
検索エンジン会社は「検索ユーザーの満足度を高める為」に「検索アルゴリズムに毎年500前後の変更」を加えており、「タイトルとコンテンツ内容の不一致」がURLの内部SEOスコアにマイナス影響を遅かれ早かれ与えるようになる事は容易に想像がつきます。

ですので、「タイトルとコンテンツ内容が一致」するよう、タイトルの前方には「コンテンツの一行要約」を記述すると良いです。
中期長期で通用し続ける内部SEO対策とは、こういう対策を指します。

>通常、テキスト変更(修正)はいつごろまでに完了したらよいでしょうか?
>被リンク対策中でも、継続しても関係ないでしょうか?

ページ内部の修正変更は、いつでも結構です。
被リンク設置に関しては「貼るタイミング」が順位に影響を与えますが、URL内部の変更修正はいつ行っても順位にマイナス影響はありません。

>googleにインデックス済みの既に存在しているURLに「新しい文章追加」、「既存の文章修正」としてもSEOスコアには問題がないでしょうか?

全く問題ありません。
何らマイナス影響はありません。

== 以上 ==
[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]
SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

【SEO対策SEMサービスのご案内】
弊SEOサービスにお申込み頂く場合は、「最新版のSEOサービス・料金表」で確認の上、ご依頼頂けたらと思います。
最新版はこちらです ⇒ http://seo.tonken.biz/service/fee
※「最新版SEOサービス・料金表」は常に「最新状態」を保つよう努めております。

The following two tabs change content below.

トンケン経営研究所(Tonken Institute of Management)