各国Googleのベース(検索アルゴリズム)は同じ。英語圏SEOも対応可

>google.co.jp検索エンジンに上位表示が可能ですか?

上位を狙うキーワードが日本語と英語であれば「google.co.jp」「google.com」などペイレベルドメインは問わず上位表示可能です。
中国のGoogle香港(中国語繁体字,google.com.hk )等での英語での上位表示実績も十分ありますので、「日本語」と「英語」であれば各国のGoogle検索で上位表示可能です。

言語によってGoogle検索のドメインは変わりますが、「検索アルゴリズムそのもの」(ベース部分)は変わりません。
ベースは同じで、そこに各国の言語特有の調整を施して「google.co.jp 」や「google.com.hk 」など国別のGoogleドメインに分けて検索サービスを提供しております。

弊所はGoogle検索のベースとなる「検索アルゴリズムそのもの」に対応するSEO対策を施しておりますので、弊所PCで各国言語フォントに対応できさえすれば、どの国のGoogle検索でも上位表示可能です。
現実には、対応言語フォントや作業効率の問題がありますので、サービスとしては「日本語」と「英語」の上位表示のみ対応するようにしております。

余談ですが、弊所のSEO対策はBingの「検索アルゴリズム」にも照準を合わせておりますので、Bing検索でも順位が上がってきます。
マイクロソフトのWindowsタブレット(サーフェス等)ではBing検索がデフォルト検索エンジンとなりますので、www.bing.com での上位表示にもそれなりの価値がございます。

弊所は日本国内の検索エンジンシェアの95%以上を占める「google.co.jp 」「google.com 」「bing.com 」の3つ全てに対応できます。

== 以上 ==
[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]
SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

【SEO対策SEMサービスのご案内】
弊SEOサービスにお申込み頂く場合は、「最新版のSEOサービス・料金表」で確認の上、ご依頼頂けたらと思います。
最新版はこちらです ⇒ http://seo.tonken.biz/service/fee
※「最新版SEOサービス・料金表」は常に「最新状態」を保つよう努めております。

The following two tabs change content below.

トンケン経営研究所(Tonken Institute of Management)