複数サイトの共通部分が同じ記述でも不利益は受けず。コンテンツは?

>同じようなサイト(または 同じ種類のサイト)としての判断を受けて、不利益を受ける事にはならないでしょうか?

各サイトのURL(ページ)は共通部分(ヘッダー,サイドバー,フッター)とオリジナル部分(コンテンツ)で構成されておりますが、両サイトで「同じコンテンツ」を用いれば「不利益」を受ける事がございます。
完全に独立した別サイトと認識させたい場合は、「共通部分」も両サイトで変える必要があります。

サイトAとサイトBのヘッダーやフッターやサイドバー等が、第三者から見て全く別のものに見えるよう各サイトごとに共通部分にオリジナル性を出す必要があります。
弊所は http://seo-pig.biz/ とhttp://seo.tonken.biz/blog/ で同じテンプレートを用いておりますが、両サイトの共通部分(ヘッダー,サイドバー,フッター等)は異なる記述をしておりますので、検索エンジンからは独立したサイトと看做されます。

テンプレートそのものは他サイトや他社と同じものを使っても頂いても問題ありません。
共通部分の記述が他サイトと異なれば全く別サイトとして認識されます。

共通部分の記述が異なれば別サイトとして扱われますが、Googleが重視するのは「オリジナル部分」の方です。
「共通部分」の記述は軽視されておりますので、両サイトで「共通部分」の記述が同じであったとしても大きな不利益を受ける事はございません。

完全に別サイトとして認識させたい場合は、共通部分の記述を異なるものに変えて頂くと良いですが、共通部分の記述をサイトごとに変えて行きますと其の部分に余計なコストが発生します。
そのコストに見合うほどの恩恵が得られるならば、サイトごとに共通部分の記述を変えて行けば良いのですが、残念ながらコストに見合うほど恩恵はGoogle検索エンジンでは得られません。

よって、共通部分の記述に関しては、両サイトで「同じ」であっても構いません。

共通部分が異なっていても両サイトの「オリジナル部分」(コンテンツ・本文)が同じ場合は、「重複コンテンツ」(悪質)と看做されてどちらか片方のサイトのSEO評価が下げられる可能性が高まります。
弊所は料金表などで同じコンテンツ(本文)を複数サイトで用いておりますが、評価を下げられないように重複コンテンツURLでは「正規化」(Canonical)の処理を行っております。

共通部分は両サイトで異なったものを使っていても、オリジナル部分(コンテンツ)が両サイトで全く同じ場合は、どちらか一方のサイトが上位表示されてもう一方は上位表示されない事が多くなります。
両方上位表示される例もありますが、Googleは同一コンテンツ(重複コンテンツ)を嫌いオリジナル性のあるコンテンツを好みますので、遅かれ早かれ同一コンテンツを持つURL群は其の内の1URLを残して検索上位から消える事になります。

同一コンテンツを持つ複数URLの同時上位表示問題は昔から存在し、Googleも「検索アルゴリズム」レベルで対処しており、現在は重複URL群は順位が上がり辛くなっております。
仮に現在、重複コンテンツURL群が上位表示されていたとしても、いずれは同一コンテンツURL群は代表的な1URLを残して後は上位表示されなくなるでしょう。

上位表示されなくなるだけなら問題ありませんが、重複コンテンツを抱える「サイト」の方にもマイナス評価などの形で悪影響が及びます。
ですので、「オリジナル部分」(コンテンツ)に関しては「必ず独自性を出す」ようにして頂けたら思います。

同一コンテンツ中心に両サイトを構成した場合、どちらか一方のサイトはペナルティを食らったりサイト丸ごとフィルタリングされる形となりますので、両サイトのコンテンツは必ず別のもの用意して頂けたらと思います。
同じコンテンツを両サイトで利用する場合は、重複コンテンツを有するURLに関しては「正規化」(Canonical)の処理をお願い致します。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

トンケン経営研究所とは
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

SEO対策SEMサービスのご案内
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛生サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛生サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・SEO料金の詳細はこちらです ⇒ SEO対策サービス・SEO料金表

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・SEO料金の詳細はこちらです ⇒ SEO対策サービス・SEO料金表

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

フォローする