複数サイトの共通部分が同じ記述でも不利益は受けず。コンテンツは?

>同じようなサイト(または 同じ種類のサイト)としての判断を受けて、不利益を受ける事にはならないでしょうか?

各サイトのURL(ページ)は共通部分(ヘッダー,サイドバー,フッター)とオリジナル部分(コンテンツ)で構成されておりますが、両サイトで「同じコンテンツ」を用いれば「不利益」を受ける事がございます。
完全に独立した別サイトと認識させたい場合は、「共通部分」も両サイトで変える必要があります。

サイトAとサイトBのヘッダーやフッターやサイドバー等が、第三者から見て全く別のものに見えるよう各サイトごとに共通部分にオリジナル性を出す必要があります。
弊所は http://seo-pig.biz/ とhttp://seo.tonken.biz/blog/ で同じテンプレートを用いておりますが、両サイトの共通部分(ヘッダー,サイドバー,フッター等)は異なる記述をしておりますので、検索エンジンからは独立したサイトと看做されます。

テンプレートそのものは他サイトや他社と同じものを使っても頂いても問題ありません。
共通部分の記述が他サイトと異なれば全く別サイトとして認識されます。

共通部分の記述が異なれば別サイトとして扱われますが、Googleが重視するのは「オリジナル部分」の方です。
「共通部分」の記述は軽視されておりますので、両サイトで「共通部分」の記述が同じであったとしても大きな不利益を受ける事はございません。

完全に別サイトとして認識させたい場合は、共通部分の記述を異なるものに変えて頂くと良いですが、共通部分の記述をサイトごとに変えて行きますと其の部分に余計なコストが発生します。
そのコストに見合うほどの恩恵が得られるならば、サイトごとに共通部分の記述を変えて行けば良いのですが、残念ながらコストに見合うほど恩恵はGoogle検索エンジンでは得られません。

よって、共通部分の記述に関しては、両サイトで「同じ」であっても構いません。

共通部分が異なっていても両サイトの「オリジナル部分」(コンテンツ・本文)が同じ場合は、「重複コンテンツ」(悪質)と看做されてどちらか片方のサイトのSEO評価が下げられる可能性が高まります。
弊所は料金表などで同じコンテンツ(本文)を複数サイトで用いておりますが、評価を下げられないように重複コンテンツURLでは「正規化」(Canonical)の処理を行っております。

共通部分は両サイトで異なったものを使っていても、オリジナル部分(コンテンツ)が両サイトで全く同じ場合は、どちらか一方のサイトが上位表示されてもう一方は上位表示されない事が多くなります。
両方上位表示される例もありますが、Googleは同一コンテンツ(重複コンテンツ)を嫌いオリジナル性のあるコンテンツを好みますので、遅かれ早かれ同一コンテンツを持つURL群は其の内の1URLを残して検索上位から消える事になります。

同一コンテンツを持つ複数URLの同時上位表示問題は昔から存在し、Googleも「検索アルゴリズム」レベルで対処しており、現在は重複URL群は順位が上がり辛くなっております。
仮に現在、重複コンテンツURL群が上位表示されていたとしても、いずれは同一コンテンツURL群は代表的な1URLを残して後は上位表示されなくなるでしょう。

上位表示されなくなるだけなら問題ありませんが、重複コンテンツを抱える「サイト」の方にもマイナス評価などの形で悪影響が及びます。
ですので、「オリジナル部分」(コンテンツ)に関しては「必ず独自性を出す」ようにして頂けたら思います。

同一コンテンツ中心に両サイトを構成した場合、どちらか一方のサイトはペナルティを食らったりサイト丸ごとフィルタリングされる形となりますので、両サイトのコンテンツは必ず別のもの用意して頂けたらと思います。
同じコンテンツを両サイトで利用する場合は、重複コンテンツを有するURLに関しては「正規化」(Canonical)の処理をお願い致します。

== 以上 ==
[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]
SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

【SEO対策SEMサービスのご案内】
弊SEOサービスにお申込み頂く場合は、「最新版のSEOサービス・料金表」で確認の上、ご依頼頂けたらと思います。
最新版はこちらです ⇒ http://seo.tonken.biz/service/fee
※「最新版SEOサービス・料金表」は常に「最新状態」を保つよう努めております。

The following two tabs change content below.

トンケン経営研究所(Tonken Institute of Management)