両サイト(複数サイト)で記述が重複すると危険な箇所。Title重複は?

両サイトで同じだと危険な箇所:オリジナル部分(コンテンツ)
両サイトで同じでも問題無い箇所:共通部分,URL名(ディレクトリ名・ファイル名)

両サイト両URLの「タイトル」(<title>この部分</title>)に関しては同じよりは異なった方が良いです。
各URLのタイトルは<title>コンテンツ一行要約|サイト名(ブランド名)等</title>のような形で通常は記述します。

タイトルタグ内も<title>オリジナル部分|共通部分</title>という構成になりますが、オリジナル部分(コンテンツの一行要約)は両URLで同じでも問題ありません。
共通部分(サイト名(ブランド名,キャッチフレーズ)等)は両サイトで異なる言葉を用いた方が良いです。

両サイトのタイトル後方に配置する「共通部分」の表記は異なる言葉やフレーズを用いてオリジナル性を出して頂き、「異なるサイト」である事を検索エンジンに伝えた方が良いです。
タイトル前方の「オリジナル部分」はあくまで「コンテンツの一行要約」を記述すれば良いので、両URLに投稿したオリジナルコンテンツをそれぞれ要約した結果、「同じコンテンツの一行要約」を記述する事になってしまった場合は、そのままで結構です。

以上です。
宜しくお願い致します。

== 以上 ==
[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]
SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

【SEO対策SEMサービスのご案内】
弊SEOサービスにお申込み頂く場合は、「最新版のSEOサービス・料金表」で確認の上、ご依頼頂けたらと思います。
最新版はこちらです ⇒ http://seo.tonken.biz/service/fee
※「最新版SEOサービス・料金表」は常に「最新状態」を保つよう努めております。

The following two tabs change content below.

トンケン経営研究所(Tonken Institute of Management)