1URL1キーワードか1URL1意味で対策。SEO原則。検索エンジン目線とは

>1URL1ワードが基本で

「1URL1キーワード」(1コンテンツ1キーワード)か、「1URL1意味」(1コンテンツ1意味)で対策するのがSEOの大「原則」とあります。
「原則」ですので、必ず守る必要がございます。

この「原則」から外れている場合は、遅かれ早かれ其の検索エンジン対策は「失敗」に至ります。
長く検索上位や検索1位にとどまりたいのであれば、「原則」は守って頂く必要がございます。

「意味」が同じキーワード群であれば、同じコンテンツ(同じURL)でそれらのキーワード群「全て」で上位表示や1位表示も可能です。
なお、どのキーワードとどのキーワードが「意味が同じ」なのかが問題となりますが、それを決めるのは「検索エンジン」です。

ターゲット検索エンジン目線で「意味が同じ」キーワード群に関しては、同じURL(同じコンテンツ)で同時に対策が可能となります。
貴社(貴方)目線でみて「意味が同じ」キーワード群で対策しても「順位は上がりません」ので、そこはご注意ください。

== 以上 ==
[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]
SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

【SEO対策SEMサービスのご案内】
弊SEOサービスにお申込み頂く場合は、「最新版のSEOサービス・料金表」で確認の上、ご依頼頂けたらと思います。
最新版はこちらです ⇒ http://seo.tonken.biz/service/fee
※「最新版SEOサービス・料金表」は常に「最新状態」を保つよう努めております。

The following two tabs change content below.

トンケン経営研究所(Tonken Institute of Management)