「被リンクの質」とは何か?質低い独自ドメイン、質高い無料ドメイン

>①<リンクの質・母体について>
被リンクはアメブロなど無料ブログなどが主でしょうか?
独自ドメインURLなどが主でしょうか?
第三者の個人ブログなどでしょうか?

他社が運営しているブログサービス(無料ブログ)・ホスティングサービス(無料HP)が主です。
ご質問に「リンクの質」という言葉がありますが、「無料系」「独自ドメイン」「第三者個人ブログ」のどれを利用しようと「リンクの質」は「同じ」でございます。

この点で、既に貴社のSEO認識にズレ(誤り)がございます。
「リンクの質」は「リンクを設置するものの腕」で決まります。

どの媒体を利用しようと、SEOの腕のあるもの(SEO玄人)がリンクを設置すれば「リンクの質」は高まります。
どういった媒体を利用するかは、「リンクの質」とは殆ど関係ありません。

ちなみに、「独自ドメイン」下の衛星サイトに被リンクを設置する場合は、貴社はかなり高いリスクを背負う事になります。
弊所がSEO事業から撤退すれば、弊所の独自ドメインは全て不要となりますので、弊所はドメイン群を解約する事になります。

その結果、弊所が設置代行した「全ての被リンク」を貴社は失う事になります。
「全て失う」という部分がポイントです。

その結果、貴サイトのSEO集客数が「激減」するのは言うまでもないところであります。

また、「第三者の個人ブログ」の場合は、被リンクを設置する者が「SEO素人」となりますので、設置被リンク群に偏りが生じる恐れが高まります。
被リンクのアンカーテキストが偏って「不自然な被リンク」が蓄積されている場合は、それらが貴サイトの順位ダウン・ペナルティの「引き金」(リスク)となります。

なお、あとから、それらの偏った被リンク群を解除する事はほぼ不可能になります。
多くの「個人ブログ管理者」は外部者と連絡をとる為の手段(メールフォーム等)を用意しておりませんので、連絡の取りようがありません。

連絡手段が無い以上は、被リンク削除は不可能となります。
第三者個人ブログの場合は、「SEO素人」「連絡手段無し」という2点が「リスクファクター」となります。

SEO素人が設置する被リンクがゆえに「リスク」は高い確率で「現実化」し、後に貴サイトに「損失」を齎す事になるでしょう。
以上より、「無料系ブログ・HP」に「SEO玄人」が被リンクを設置するのが、一番好ましい「選択」となる事がお分かり頂けるかと思います。

無料系ブログ・HPの多くは、長くWeb上に残りますので、「被リンクの効果」も「中長期」で期待出来ます。
独自ドメインの場合は、Web上に長く残らない可能性が高くなるため、短期的な効果や短中期的な効果で終わってしまう事が多くなります。

ここ数年の間にも沢山の被リンク業者やSEO業者が登場して既に「滅んで」おりますが、彼らの独自ドメイン下の衛星サイト群に設置された「被リンク」は「消滅」しております。
独自ドメイン下の被リンク群などSEO集客の「あて」にはなりません。

「あて」にならないものを「あて」にしてSEO集客に臨むのは「愚者」(愚社)のみです。
「賢者」(賢社)は「あて」になるものをベースにSEO集客を展開します。

何が「あて」になるかは上述した通りでございます。

== 以上 ==
[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]
SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

【SEO対策SEMサービスのご案内】
弊SEOサービスにお申込み頂く場合は、「最新版のSEOサービス・料金表」で確認の上、ご依頼頂けたらと思います。
最新版はこちらです ⇒ http://seo.tonken.biz/service/fee
※「最新版SEOサービス・料金表」は常に「最新状態」を保つよう努めております。

The following two tabs change content below.

トンケン経営研究所(Tonken Institute of Management)