Yahoo SEO対策

ひさしぶりにコンテンツを書き換えます。
今後も情報が錆びてきたら、コンテンツを書き換えます。

2010年12月1日にYahoo検索の「中身」がYSTからGoogleに換わりました。
YSTはYahoo! Search Technologyの略語で、アメリカの本家Yahoo! Inc.が開発した検索エンジンです。
Yahooジャパン自身は検索エンジンを独自開発しておりませんので、他社から借りるしかありません。
そこで、Yahooジャパンは本家Yahoo! Inc.からYSTを借りて独自スパイスをきかせて「Yahoo検索」としておりました。

今までは「YahooのSEO対策」といえば、「YSTのSEO対策」を意味しましたが、現在は違います。
現在は「YahooのSEO対策」といえば、「GoogleのSEO対策」を指します。
実際は、Yahooジャパンが採用するGoogle検索エンジンに独自スパイスをきかせているので、検索順位などもGoogleとは若干異なりますが、Google検索がベースとなっております。

その為、Yahoo検索で順位を上げるには、Google検索でインデックス登録されているページURL群から被リンクをもらう必要があります。
検索順位は基本的に「被リンク」で決まりますが、Yahoo上位表示で役立つ「被リンク」は「Google検索でインデックスされている被リンクページ」のみです。
中国の百度検索やマイクロソフトのBing検索で被リンクページがインデックスされていても、Google検索にインデックスされていなければ「被リンク」としてはカウントされません。
Google検索にインデックスされていないページURLから被リンクをもらっても、「被リンク無し」と同じです。

ですので、Yahoo SEO対策の第一歩は「Google検索向けのインデックス対策」です。
この部分がYahoo SEO対策の骨です。

あとは、Google上位表示で重要な要因を満たして行けば、実際にGoogleで上位表示されます。
Googleで上位表示されれば、Yahooでも上位表示されます。
Yahoo検索の中身はGoogle検索ですから当然です。

非常にシンプルなYahoo SEO対策の解説ですが、上位表示までの流れはこんな感じでございます。
ポイントは「Google検索の上位表示で重要な要因を満たす」にあります。
この部分がSEO会社の企業秘密だったりノウハウだったりします。

この「Google検索の上位表示で重要な要因を満たす」を詳しく語ると一冊の書籍程度のボリュームになると思います。
その一部は、トンちゃんのSEOブログやSEOツイッターやSEOホームページで公開しておりますので、必要な方は参考にしてくださいませ。
既に執筆したSEOブログだけでも100個くらいはあると思います。
数えた事はありませんので、実際はもっと多いかもしれません。


[トンケン経営研究所]
スローガン,SEO対策SEMサービス
高品質・中長期・強勢